スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/30「CATS」ソワレ
直前まで「エビータ」か「CATS」か散々迷ってたんですが…。
芝チェが抜ける前に!という思いはあるものの、やっぱりタイトルロールの配役位は事前にわかった上でチケットが取りたいんだよなあ。
秋エビータシングルだったら友人も誘えるのに…と呟いてみる(苦笑)。

さて「CATS」ですが。
早水グリザ&福井マンカス&松島ミストで盛り上がらないわけがない!
マチソワ共に完売で客席も熱かったです。
この回は追い出しアナウンスが流れた後もお客さんが粘って一度出てきてくれたんですが、やはりグリザ〆もタガー〆もなし。
五反田では普通に行われていた事をここまで断固やらないのはやはり「禁止令」が出てるとしか思えん…。
あれは「役として」やって事なのになあ。復活希望ーー!

早水グリザはもー素晴らしかったです!
曲が終わった後もかすかに聞こえる早水さんの声の余韻が、厳かな静寂に包まれる客席を包みこんでいくのがもう堪りません。
早水グリザを聞いてしまうと今は他のグリザでは満足出来ないかもなあ…。

ただしこの回、谷口シラバブがグリザの手を取るタイミングがちょっとだけ早かった(あくまで自分好み比)のがちと残念。

1:グリザメモリー絶唱(観客拍手無し希望)
2:静寂の中グリザ立ち去る
3:シラバブがグリザに近寄る
4:その気配を感じてグリザが一瞬立ち止まるが、自嘲気味に再び歩き出す
5:その瞬間にシラバブがグリザの手を取り高らかにファンファーレ鳴り響く
…っていうのが私好みのフローチャートなんですが(笑)、この「4」が無かった(もしくは判別できないほど短かった)のがちょっと心残りで。
我ながら煩いイヤな客だなあと思うわけですが(苦笑)。

強く優しく頼もしい福井マンカスお帰りなさいーー!!
横浜開幕当初、パンフに名前すらなかったのはなんだったんだと思うわけですが。
タガーも良いけど福井さんはやっぱりマンカスが好きだなあと改めて実感。
久しぶりに「もしかしたら勝てるかもしれない?」と思える互角に近いマキャファイトを観た(笑)。
芝マンカスだと最初から敗色濃厚だから(コラ)。

松島ミストは相変わらず小ネタ色々やってて観てるだけで楽しい。
バストファナンバーで速攻居眠り早すぎだろうと(笑)。
あんなにひょうきんなのに踊ると神というギャップが堪りません。
この日は勢いよく回り過ぎたのか、グラン・フェッテの最後の決めポーズが思いっきり横向いてましたが(苦笑)。

朴ジェリロは、うーん可もなく不可もなく…だなあ。
キレイだし歌もお上手ですが、ジェリロとグリドルのキャラクターの違いがあまり感じられないのと、音域が割と低めなのかソノクイが辛そうでした。

同じくはじめましての小笠ジェミマ。
USJでグリンダをやっていた人、というイメージで観たので、想像より声質が太めだったので驚きました。
表情も豊かで細かいお芝居もしてるなあと思ったのですが、仕草が猫っぽくはないかも。この辺りは慣れてくるとまた違うと思うんですが。

由佳乃ジェニがバストファナンバーで一か所声がかすれて出なくなってしまったんですが、ペロッと舌出してたのが可愛くて和みました。
が、瞬間「今日誰かお目付け役が観に来てたらそのアドリブはヤバイ…」と余計なお世話的に焦ってみたりしました(苦笑)。

1枚も手元にチケットがなかったはずが気がつけば今月は前日予約で3回観ちゃいました。
さー来週の「エビータ」のキャスティングはどうなるでしょう。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。