スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/2「薔薇とサムライ~GoemonRockOverDrive~」
桜も咲いて季節はすっかり春なのに、なんとなーく気分が高揚しないこの頃。
春とは名のみであり得ないぐらい寒かったりするからかなあ…。

とそんな気分を100億光年の彼方にすっ飛ばしてくれる程
めちゃめちゃ楽しかったーーー!!

100402_1735~0001

新宿コマの「五右衛門ロック」は北大路クガイ様に萌え倒したものの、客演が多過ぎてちょっと散漫な印象が残ってしまったんですが。
今回はテンションが途切れる事無く3時間超の上演時間があっという間でした。

17世紀のイベリア半島が舞台なので衣裳が豪華で目で見て楽しいし、単純明快な勧善懲悪ストーリーで気分爽快。
劇団員も客演の役者さんも皆楽しそうにイキイキしてるし。
新感線らしいテンポ良いギャクも満載で、涙流しながら笑い転げて、最後はスタオべというよりライヴのスタンディングみたいな気分で盛り上がりまくりました。
帰り際に近くのお客さんが「出来る事なら毎日観たい」と言ってたのに納得。
元気を貰える舞台でした。これぞエンターテインメント!!

5列目センターという超良席だったのも相乗効果だったかと。
やっぱり舞台からの熱気を肌で感じられる距離は良いなあ。
あとミュージカルが苦手な人には「また歌うかーー」と冗長に感じちゃうかも。
かなり曲が多いので。

以下ネタばれ含みますので折りたたみまして…

天海アンヌはとにかく目の保養!
舞台に出てくるとその華とカリスマ性で眩いーーー。
あの抜群のスタイルで時代物の衣装次々着替えて登場して楽しませてくれるし。
舞踏会のシーンでタンゴ踊る所とかもうウットリ。
宝塚観なくなって久しいんですが、男役にハマってしまう気分を久々に味わいました。

しかしあのオスカル衣装!ウツクシイ~~~~。
でも何故足元がブーツじゃないんだーーー。
オスカルさまと言えば白ブーツでしょ!!
と思ったのですが、そこまでやるとさすがに著作権に引っ掛かるからあえてなのかなと自分を納得させました。
いやー良いもの見させて頂きました。

浦井シャルルは「TdV」のアルフと「シラノ」のクリスチャンを足して2で割った様なキャラクター。
つまり超お似合い(笑)。
なんかもうご本人もめちゃくちゃ楽しそうというか。
あのイケメンとアホの子の紙一重の絶妙な笑顔が堪りませんなあ。
浦井くんは動けるので殺陣も頑張ってたし。
そして無駄に(作品のカラーの中でという意味)超美声&歌ウマーなのも、不思議と笑いのツボになっちゃう感じ。

豹之進は銭形の立ち位置ですよね。
私の理解力が悪いので、何故五右衛門をストーカーしてたのか理由が思い出せないんですが、
かっこいいからまあいいか(笑)。
余りに男前なので山本さんだと最後まで気づかない人がいても仕方ないかも(誉めてます)。
歌もお上手でした。

沙也加ポリーはキラッキラの姫オーラ。
いやーーカワイイですねえ。
ふとした声のトーンとかがお母さんに驚くほど似ててやっぱり遺伝子ってスゴイと思っちゃいます。
あまりのお姫様キャラに「この調子最後までだと観ててキツイかなー」と最初思ったのですが、ただの可愛いお姫様なだけではなく自分の考えをしっかり持ってるのがわかっていくにつれて好印象。
ドス効かせて喋ってみたり、笑いも取ってたし。
ただ声が細いので周り(とくにじゅんさんとか(笑))が声を張りまくる中、ちょっと声量弱いかなーと思ってたんですが。
帰宅後ご本人のブログを覗いてみたら、喉の調子があまり良くなかったみたいですね。

みはるエリザベッタは可愛いわ面白いわ歌巧過ぎだわ。
宝塚娘役出身でここまで新感線にピッタリ合うなんて(笑)。

宰相役の藤木さんは御年70歳なんですよね?
眉毛まで金色の全身金ぴか衣装に全く違和感無い、むしろ凌駕するぐらいのご本人のキャラの濃さが素晴らしい~。

劇団員の皆さんは相変わらず芝居も動きも笑いもキッチリ。

古田さんの「見慣れない請求が来たので振り込んできます」「カレーは飲み物だーー」が可笑しかったなあ。
でもあの五右衛門の冬用布団並みの衣装は流石に動きにくそう。
殺しても死なない(笑)五右衛門ですが、川原さん・前田さんと2:1の殺陣になった時は「これは流石にやられる…」と思いました(笑)。
「五右衛門ロック」よりも出番も多くて、1幕ラストでアンヌと五右衛門ががっぷり対峙するとことか、2幕大詰めで決め台詞で見栄を切る所とかゾクゾクするほどカッコ良かったーー。

じゅんさんはカミングアウトした後は、登場する度にお客さんから拍手喝采・ショーストップでズルイ(笑)。

高田さんの腹黒い役の時の顔芸大好き(笑)。
お尻機関銃笑ったなあ。

粟根さんは珍しく(?)良い人っぽいキャラで出てくるのですが、
「この人絶対企んでるし、絶対最後裏切るよ」と思ってしまうのは何故だろう(笑)。
そして予想した通りになるお約束感が好きだなー。

はあ…ホントに楽しかった!
秋の「鋼鉄番長」もめちゃ期待!
土日のチケットは難しそうだけど、今年度から人事労務規定が変わって「時間休」なるものが取れるようになったので、平日ソワレもターゲットにしてチケ取り頑張りまーす!





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL

戯伝写楽 青山劇場
「戯伝写楽」 4/7 ソワレ(初日) 青山劇場に「戯伝写楽」の初日を観に行きました。 写真は、劇場入る前に立ち寄ったスタバで。 寒かったから本当はもっと大きなサイズをオーダーしたかったけど、 拘束時間を考えて、泣く泣く断念>< 初めてオーダーした、ショートサイズ...  [続きを読む]
検索されている話題のニュースはこれ。 2010/04/10/Sat 17:24




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。