スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/20「モーツァルト!」ソワレ
CA3F0029_20101128213746.jpg

気がついたら相当日にちが過ぎてしまったんですが、帝劇「モーツァルト!」観て参りました。
今回は育三郎ヴォルフのみ1回限りの観劇です。

いやー歌唱レベルの高い舞台でした。
プリンシパルの役者さん達は勿論ですが、アンサンブルのコーラスも厚みがあって冒頭から鳥肌立ちまくり。

育三郎ヴォルフも抜群の歌唱力で安定感が素晴らしかったです。
個性としては中庸タイプというか…中川ヴォルフと井上ヴォルフの中間と言った感じでちょっと掴みづらかったかな?
特にアマデとの関係性がわかりづらかったかも。
「もう1人の自分」という感じはあまりしなくて関係性が薄い様な印象もあったのですが、
2幕ラストで「これで2人が1つになったんだな」とも感じたので、作品を通してアマデとの関わり方に育三郎ヴォルフならではの個性が確立されるとわかりやすいなあなんて。
この辺りは回数を重ねればまた変わってくるんでしょうね。

香寿男爵伯爵夫人のは女神の様な存在感だし、吉野シカネーダーは更に軽やかに。
高橋ナンネールも高音がキレイに出てました。
祐一郎コロ様はお遊びが少なくなりましたね(笑)。
かなりハイトーンの曲なので正直そろそろ厳しいかな…なんて勝手に危惧してましたが声量たっぷりで安心。

個人的に1番心配だったhiroコンスは……
結婚する前の娘時代のブリブリな感じと高音がキンキン響くのがやっぱり苦手だった(汗)。

事前にノーチェックだったのですが、この日は終演後にトークショーがありました。
土曜日のソワレ後の開催って役者さんが可哀想…と思う一方で楽しんじゃうという矛盾。
アルコ伯爵が司会で育三郎ヴォルフと吉野シカネーダーがゲストでした。

終演後すぐだったので育三郎ヴォルフは最初完全に魂抜けてましたね(笑)。
ホントお疲れ様です。
トークショーは時間自体はそんなに長いものではなかったのですが、
「ここはウィーン」でヴォルフ派とアンチヴォルフ派でステッキ(?)や靴の色が違うなんていう細かな見どころを教えてもらえたり。

あとレオポルドが死んで錯乱状態のヴォルフの前に男爵夫人が現れて「星から降る金」を歌うシーン。
あれってアマデが男爵夫人の言葉を借りて語りかけてたんですねー。
いや言われてみれば確かに立ち位置とかまさにその通り!なんですが、
なんとなくフツーに夢を見てる程度にしか思ってなくて、その場面のアマデの表情とか全然見てなかったです(汗)。

トークショーの最後には1階席2階席1名ずつに、出演者全員のサイン入りパンフレットプレゼントの抽選会。

1階席分を育三郎くんがくじ引きして、客席に飛び降りて自分でお客さんにお届けしてくれました。
2階席分が吉野さんだったのですが、最初は「受付に預けておくので帰りに受け取って下さいね」だったのですが、育三郎くんのパフォーマンスを見てしまった客席から「えーー届けてくれないのーー?」な無言の凄まじいプレッシャーが(笑)。
観念した吉野さんが2階席まで走って届けに行ってました。
その間育三郎くんが「僕もその間頑張ります」的にもう1度1階席客席に降りてきて通路をぐるっと1週。
ラッキーな事にこの日は通路際の席だったので思いかけずハイタッチ出来て、大満足の「モーツァルト!」観劇でした。






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。