スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「モナリザ」恵比寿本店
P1050898.jpg

P1050899.jpg

恵比寿にあるフレンチ「モナリザ」本店に行ってきました。
この時期ですからメニューはクリスマス用の1種類のみ。
メニューがクリスマスカードみたいでカワイイ。
実際にお料理が出てくるお皿がプリントされています。
◆アミューズ・ブッシュ

P1050900.jpg

一口サイズのハンバーガーの様に仕立てたアミューズ。
こんなに小さいですがすごく凝っています。カニが使われているとか。

◆トリュフの香りで包んだ茸のリゾットとスープのハーモニー

P1050904.jpg

沢山乗り過ぎててひじきと見間違えますが(爆)、トリュフ達ですよーー。
このソースをパンにつけて食べるのがまた美味しい♪

◆フォアグラのポワレ カカオ風味のパイにのせて

P1050905.jpg

お皿もお料理もザ・クリスマス。
星型の金箔も散らしてあります。
…が私はフォアグラが苦手なので(汗)、ホタテを使ったお料理に変えてもらいました。

P1050907.jpg

中央にキャビアどーーん。
(↑高級食材にテンションが上がる庶民)

◆オマール海老とひらめのムースのブロシェット仕立て お花のソース

P1050908.jpg

「ブロシェット」というのは「串焼き」とかそんな意味なんだそうですが、串の代わりに細いアスパラガスが使われています。
ソースに金盞花というお花が使われているのですが、少しアジアっぽい様な香りのするソースでした。


◆シャラン産鴨胸肉とりんごのキャベツ包み くるみ風味

P1050910.jpg

ロールキャベツみたいですが中に入っているのは柔らかい鴨肉。
リンゴのソースに酢漬けっぽい赤キャベツにくるみのトリプルコンボが美味。

◆フルーツのスープ仕立て

P1050912.jpg

◆クリスマス特製デザート

P1050914.jpg

ちょっと顔がひしゃげてるけど(苦笑)サンタさんがいます。

全体的に一皿ごとのソースがどれも違うテイストでどれもすごく美味しい!!
フランス料理はソースが決め手…とか聞いた事がある様な気がしますが、それを実感したお料理でした。
フレンチは普段ソースが胸がもたれるのであまり得意じゃないんですがこちらのお料理は大満足。

お店自体があまり大きくない(天上も高くない)ので空間にゆとりが無いのが少し残念ですが、季節柄多忙な時期にも拘らず店員さんの目が行き届いててストレスゼロだったのも凄い。
ランチもあるみたいだし、今度は丸の内店に行ってみたいなあ。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。