スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/9「レ・ミゼラブル」マチネ(プレビュー公演)
CA3F0113.jpg

「レ・ミゼラブル」プレビュー公演行ってきました。

いやーー良かった!!
これで通常公演の1,000円引きなんて有難過ぎる内容でした。

「ラブリィ・レイディ」で誰かが間違ってフライングで歌い出したりとか。
バリケードで死んでいるはずの学生達がわらわらと撤収するのがバッチリ見えちゃったりとか。
(この日は2階席から観劇…とはいえセンターだったので見切れちゃいかんモノだったかと)
そういう所もありましたが、まあプレビューでなくても有り得る事ですし。

何より今期のレミゼは歌ウマさん揃い????
もーーリトコゼ、ガブに至るまで耳に優しい事!!

この日のお目当ては勿論吉原バルジャンデビューだったのですが。
年齢的な若さがあるのでどうかなあと思ってたのですが、
声質が役柄に合ってるのか包容力のあるバルジャンでした。
声量もあるので重唱でもしっかり声が届きます。
「彼を帰して」はあの声量では学生達が飛び起きると思うのでもう少し穏やかに歌っても良いと思いますが(苦笑)。
「♪24653~」は上げて歌ってました。

何よりあのガタイと怪力っぷりがリアルにバルジャン。
下水道でマリウスをお姫様だっこしたまま「♪見ろ!!ジャベール!!死にかけてる~!!!」と大迫力で歌ってそのまま袖にはけて行ったのになんだか猛烈に感動。
ジャベールが気圧されてしまっているのが客席にも伝わってくるというか。

禅ジャベールもますます濃くなってて、2人の対決は本当に観応えありました。
細かな芝居やラストの老いていく演技に磨きがかかったらもっと…と思えるバルジャンだったので、
私は好きですねえ。また観たいと思えるバルでした。

和音ファンテの歌唱力は歴代イチじゃないかと。
これ程の実力があってもトップにはなれない宝塚のフシギな事…。

平田エポもいかにもエポっぽい声質と歌い方で、すごくいじらしくて泣けました。
稲田コゼは最高音辺りは流石に不安はあるものの、マリ・エポ・コゼの3重唱でもちゃんと聞こえてきました。

原田マリウスも相変わらず艶々の美声だし。
阿部アンジョは高音の伸びは流石でしたが、もう少しリーダー感が欲しいところかも。

ガブも巧かったなあ~!!
歌は勿論、お芝居も細かくて。
ジャベールがバリケードに入ってきた時の表情とか、2階席から観てもわかり易い演技で。
今の「1、2、3…!!」の演出にはどーにも馴染めなかったのですが、今回初めて泣けました。
その位思わず惹きこまれる熱演でした。

あと司教様も良かったなあ。
あのシーンが超美声でスコーンと決まると舞台の締まり方が違うというか。

アンサンブルは1人ずつ歌うとちょっと発音が聞き取りにくい所がありました。
「♪孤立だ~」が「♪法律だ~」に聞こえたり。
(私の空耳っぷりも相当なのですが…)
が、コーラスは良かったです。

地震から1ヶ月。
自身は被災した訳ではないのに何を甘えてるんだと言われると返す言葉が無いのですが…
なんとなく不眠だったりなんとなく食欲が減退したり…
仕事の繁忙期や異動による忙しさ上乗せも相まって、
精神的に疲労が蓄積してしまい、
正直「劇場に行くのちょっとしんどいな」と思ってました。

でもこんな時期だからこそ…
特にこの「レミゼ」という演目。明日を信じる「ピープルズソング」。
…めちゃくちゃ染みました。
泣けて泣けて仕方がなかったです。

キャストの熱演と2階サイドまで埋まった満席の観客から送られる温かい拍手。
何だかすごくホッとしました。

帰りに有楽町の駅前の本屋さんに寄ったら、
店頭で東北や北関東の野菜等を売っていて、
お客さんで賑わっていたのも嬉しかったです。
思わず青森のせんべい汁セットを購入。
頑張ろう日本!!





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。