スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/16「JCSエルサ」マチネ
芝ジー観てきました。

うむ…
様々な意味で舞台全体が「四季っぽい」仕上がりだったなあと。
予定調和というか…安心感はあるけど、化学反応的な熱さは余り感じず。

芝ジーの見た目は当然(爆)「苦悩する青年ジーザス」には見えなくて、
今にも世界を変えられそうな教祖様っぽい雰囲気だったのですが、
意外と(←失礼)繊細な演技で。
マリアやユダの顔をじっと見つめる表情が印象的。

歌はファルセットが少し弱いかなあと思うものの、芝ヴォイスは健在。
何より「ゲッセマネ」の超ロングトーンを出し切ってたのが凄い!!
ただ年齢的にも楽の頃には体力追いつかないかもな…と思ってしまうのが悲しいところではありますが。

スンラユダは節電モード(笑)。
芝ジーとの関係性は文字通り「師と弟子」な感じで、
体ごとぶつかっていくには少し遠慮がある雰囲気も。

金本カヤパ様の重低音に、伊藤司祭のエエ声祭りにはゾクゾクしますねえ。
そして村ピラトの圧倒的な迫力!!
「♪お前が望むのなら~」辺りだけにこのチケット代を払って良いと思える(笑)。

まさかそこに来たか!!の北澤ヘロデはヴィジュアルが美し過ぎる。
ラメラメなアイシャドウ?マスカラ?も違和感ゼロ。
んーーでも美しい容姿と美しい声…だけだとちょっと物足りないかなあ。
イロモノ系(←ヲイ)ヘロデに慣れてしまった故に、北澤ヘロデは笑うところなのかどうなのか観ている側に迷いが。
この役こそ客演で下様に出て頂きたいものですが、スケジュール的に無理そうで残念。

※4/25追記 …と思ったらまさかの下様ヘロデ降臨とは!!まさか楽日の次の日から客演するとは思わなかったなあ。

この日は午前中に震度4の地震があった…らしく。
…らしく、というのはその時間は外を歩いていたので、全く気がつかなかったからなんですが。
その影響で電車が遅れてしまって、お昼を食べる位の時間の余裕を持って出かけたのに、浜松町駅に着いたのが開演5分前。

開演時間が少し遅れていたので間に合いましたが、走りに走ったので心臓バクバク汗ダクダク。
開演後も暫く集中力を欠いてしまい反省。
まだあの地震から1ヶ月ちょっとしか経っていないのだから、こういうことも想定してもっと早めに出なきゃダメだったなあ。
にしても最後の十字架シーン。
「今大きめの余震来たらどうしよう…」と勝手にハラハラしちゃいました。
役者さんも怖いだろうなあ…あの急斜面に十字架…。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。