スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6/11「風を結んで」マチネ
久々のTSミュージカル。
アッキー主演という事で行ってきました。

主役は明治維新直後の士族達。
激動の時代に、それぞれが自分達の生きる道・生きる意味を見出そうとする姿を描いた作品です。

士族達が主役とあって、剣舞の様なシーンが沢山あり、
クリエのコンパクトな舞台にキャストが勢揃いすると迫力がありました。

そして何よりやっぱりアッキーの歌声が快感!!
歌を聴くだけに観に行っても良いと思いました。

アッキー・藤岡くん・小西くんの3人トリオのバランスが良かったです。
まっすぐで純粋なアッキー、3枚目キャラの藤岡くん、草食系な小西くん。
役柄のキャラはそれぞれ違いますが、歌うと全員美声で、
個々に歌っても3人で歌っても最高という。

「写楽」で歌にずっこけた大和悠河さんは…今回はギリギリセーフ(爆)。
膝の上の拳を握り締めつつ聞いてたんですが、キーが低めな歌だったのが良かったのかも。
それにさすが元トップ!!な華やかな雰囲気が役柄にも合ってました。

静江の菊地美香ちゃんはとにかくカワイイ。
華奢で可憐で儚げで…でも実は芯が強くて。
この時期丁度帝劇で「レミゼ」上演中だったのですが、
この舞台にはマリウス2人にコゼットが出演中。
総勢のキャスト数は少ないですが豪華なキャスティングだよなあと思いつつ観てました。

右近の大澄さんはタッパがあるし動きの1つ1つがビシっと決まってて、
新しい時代に、どうあっても自分の生き方を変えられない武士の不器用な雰囲気が良く出てました。
ただ歌が惜しい…周りの男性陣が歌ウマさんばかりというハンデもありますが、
もう少し歌える人だった気がしたんだけどなあ。うーむ。

笑えるシーンも有りつつ、スピード感のある展開に、考えさせられる終わり方。
特にラストは3人組の誰かは恐らく命を落とすだろうなという予感がするのですが、
涙が出る様な悲壮感…という感じでも無く…何とも不思議な気持ちにさせられる結末でした。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。