スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年6月韓国旅行(食事編)
P1060139.jpg

2011年6月韓国旅行(食事編)

6月25日~27日の3日間でソウルに行って参りました。
前回行ったのは2008年。
その時はツアーで行きましたが、今回は個人手配。
ホテルに「シングル」という設定が無いので、
値段的にはツアーと大差なかったですが、
途中で絶対買わないだろというお土産屋さんに立ち寄ったりするストレスが無いのは良かったです。

金浦空港からソウル市内に行くにはリムジンバスか地下鉄で行く事が出来ます。
スーツケースがあるのでリムジンバスで行ったのですが、
前述の通りもの凄い時間がかかりました…。

降りる予定の世宗ホテル前が順番として最後の方の停留所だったせいもあると思います。
イビスアンバサダー明洞前だったら、最初の方の停留所なので1時間位で着いたと思います。

行きに予定所要時間の倍かかってしまった上に、
リムジンバスは「高級リムジンバス」の名の通り、
王様シートで快適なものの、座席数が少ないので、
時間も読めないし座席に空きがあるか不安だし
と帰りはドキドキしていたのですが、
平日は午前中は混むけど午後は大丈夫みたいで。

ただバスの時間は世宗ホテル前毎時25分・55分発のはずが、35分に来ました。
これは25分が遅れているのか55分が早いのか…謎です。

宿泊は明洞駅の目の前にあるプリンスホテル。
まあいわゆる日本のビジネスホテルな雰囲気で、どうせ寝るだけだから十分かなという感じで。
スタッフさんは日本語ペラペラですし。

立地的には超便利で、買い物し過ぎて荷物が重くなってもすぐホテルに置きに帰れるし。
初日の夜に「明洞瑞草汗蒸幕」に行ったのですが、深夜12時過ぎでもササッと帰れるのが良かった。

ちなみに「明洞瑞草汗蒸幕」はオプションコースを無理に勧めたりする様な事もなく、あっさりとした対応で良かったです。
しかし「汗蒸幕」のお客さんは前回も今回も全員日本人だったのですが…
現地の人はどこの汗蒸幕に行ってるのかなあ。謎。

以下食べた物の記録です。

1人旅だったので焼き肉や鍋は出来なかったのが残念。
あと時間的に「土俗村」に行けなかったのと、
雨だったので屋台フードを楽しめなかったのは心残り。
絶対また行くぞーー!
■「明洞餃子」のカルグクス(韓国うどん)

1日目のお昼ご飯。

P1060141.jpg

ワンタンの様なものが入っていて、スープは若干コクがあって。
お昼時間帯からはズレていたので、周りには現地の人が多かった様な。
お隣のオジサンはキムチをすべて投入して食べていて、スープの色がトムヤンクン状態に。

「ご飯」というには量が少ない雑穀米もついてきました。
食べ方が良く分からなかったのですが、最後に丼に入れて雑炊の様にして食べました。

■「W.e」のホットックスイーツ

1日目のおやつ。
カロスキルを散策した後、雑誌で見た「W.e」というカフェに。
カロスキルの1本隣の通りにあります。

P1060143.jpg

焼きりんごとキャラメリゼしたナッツのホットック。
写真よりも実物はかなり大きい!!
これは…2人でシェアして食べるサイズなのでは…。

リンゴとナッツはホットックの上だけでなく、
生地の中にもたっぷり入っていてあまーーーい!でも美味しい!!
ドリンクではちみつレモンティーを頼んだのですが、
これまたカフェオレボウルサイズでデカイ!

■「古宮」の全州伝統ビビンバ

周りは石焼ビビンバを食べている人が多かったのですが、
あえて普通のビビンバが食べたくて「全州伝統ビビンバ」を。

P1060148.jpg

彩りがとってもキレイ!!
「石焼」ではないものの真鍮製の器はすごく熱くて、
焦げないけどいつまでも冷めない、な温度を保ってくれます。

韓国はおまけ文化なのでこれが全容。

P1060149.jpg

多いからっ!!(この後にチヂミまで来た)
この付け合わせ、1人で来ていた私と、隣の2人連れの分と、
同じ量が来てました。そりゃ多いわ…。

■「神仙ソルロンタン」

2日目の朝ご飯はやっぱりここ!
常に日本人の行列が出来てました。
8時過ぎに行ったら5分と待たずに入れましたが、お店を出る事には長蛇の列でした。

P1060150.jpg

お腹に優しい深みのある味で大好きなんです。
ここで思ったのが全体的にどのお店キムチも、前回来た時と味が違うなという事。
やっぱり季節によって違うのかなーなんて。
今回(夏)の方が酸味が強い感じ。前回(冬)はもっとコッテリとしていた様な。
嗜好的にはコッテリネットリタイプが好きですが、確かに酸味が強く水分量が多い方が夏向きかも。

■「レッドマンゴー」のヨーグルトアイス

買い物の合間にロッテ免税店の11階で。
ブランド物類で賑わう10階・9階はめちゃ混んでますが、11階は空いてる。
奥さんのお買いものにつきあうのに飽きて避難してきたのか(苦笑)、なぜか日本人の男性客が多かったという。

P1060153.jpg

5つのトッピングを選べるのですが(3種類バージョンもアリ)、
ヨーグルトにフルーツで口の中もお腹の中もサッパリ。
味の濃い韓国料理の合間に食べるとホッとします。

■「明洞咸興業麺屋」の冷麺

2日目のお昼には、たまには辛くないご飯をということでスープ無しの冷麺。
既にハサミで麺が切られた後なので見栄えが良くないのですが…
これがめっちゃ美味しかった!!今回1番美味しかったのはコレ。

P1060155.jpg

ビビンバの時にも使われている真鍮製の器が、
今度は冷やす方で活躍。
透き通ったスープなのに実に美味しい!!全部飲みほしちゃう位美味しいです。

■ロッテ百貨店(ロッテワールド店)のフードコート

2日目の夜はミュージカル鑑賞(18時半開演)の為、
中途半端な時間にご飯を食べる事に。
シャルロッテ劇場の近辺のご飯屋さん情報を全く仕入れてなかったので、
ロッテ百貨店の地下にあるフードコートで早めの夕ご飯。

日本語メニューはありましたが、周りは韓国の人ばっかり!!
ロッテ百貨店も明洞より混んでいる感じで。
地元の人はこちらに買い物に来るんですかねえ。

餃子入り雑炊だったのですが、
この旅行で唯一微妙な味だった…。

P1060156.jpg

海苔が沢山入ってるのですが、スープの味とどうも合わない様な…。
もしかしたらキムチを大量投入して味を調えるのかもしれませんが、
観劇前にあまり辛い物を食べ過ぎるのもどうかと思って遠慮したのが良くなかったのかも?

ちなみに写真は撮って無いのですが、ロッテ百貨店のデパ地下で買った
「パパ・ロッティ」のコーヒーパンはめちゃ美味しかった♪
メロンパンの様な形状のコーヒー生地の丸いパンの中にバターが入ってるのですが、この組み合わせが絶妙。
日本にももうすぐ店舗が出来るとか出来ないとか?
(お店の袋に店名のリストがあって、JAPAN:COMING SOON! 的な記載が)

■「忠武キンパッ」

3日目の朝ご飯。
お粥にしようかなーと思っていたのですが、お目当てだった「本粥」が何故か見つけられず。
他に知ってる「明洞栄養粥」や「味加本」は日本人で行列。
待つのがキライな性分なのでフラリと「忠武キンパッ」へ。

P1060164.jpg

ここはメニューが1つだけで、座ると具無しのキンパッとキムチが出てきます。
日本食でいうところの白いご飯にお漬物、な感覚なんですかね。
シンプルだけど、シンプルが故に美味しい。

■「ロッテマート」のフードコート(もどき)でトッポッキ

3日目のお昼ご飯。
12時半にはホテルに戻らなくてはいけなかったので、
買い物途中にロッテマート内のフードコート…というか屋台というか…でお昼ご飯代わりに小腹を満たす。

P1060165.jpg

餅系大好きなので、日本でもトッポッキはよく食べますが…
やっぱり本場のは辛い!!いやこれでも地元の人からすれば「甘い」んでしょうけど。
でも美味しいーーー。
トッポッキ以外に日本の油揚げを薄くしてもう少し弾力を持たせた様なものが入っていて、それも美味しかった。
それだけをおでんの様に煮た食べ物もありました。
日本語で「オデソ」(オデンと書きたかったのだと)と書いてありました(笑)。


以上が今回韓国で食べたもの。
1人旅だとやっぱり食は寂しい感じがしちゃいますが…
どのお店も1番混んでいる時間帯以外にいったので
(意図的にではなく結果的にそうなったのですが)、
入店を断られる事も無くスムーズに食事が出来ました。

それと前回は帰国してから胃腸炎を発症してしまい、
3日間ポカリで過ごすという拷問を受けたのを反省し、
(原因が暴飲暴食か、カプサイシンの過剰摂取か、水が合わなかったのかは不明)
今回は毎食後念の為胃腸薬を飲む事と、毎朝飲むヨーグルトを飲んでました。

コンビニで見つけた「I'm ReaL」という飲むヨーグルトシリーズ。

CA3F0137.jpgCA3F0139.jpg

これが見た目通りフルーツ感満載で。
サイズも小さ過ぎず大き過ぎずで、
逆に朝ご飯をこれ1本、とかにするとさぞ美容に良いかと思う訳ですが。
でもねー韓国でねー1食分をこれで済ませるなんて勿体無い事は出来ない訳です。

食べまくりの旅でしたが、基本食事以外では1日中歩き回っていたので、
むしろ旅行中の方が体が軽かったです。
日本に帰国してからの方が全体的に体がむくんでいる気がします…。
帰ってきたばかりなのにまたすぐ行きたくなる韓国。
当分は新大久保で我慢しますが(笑)。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。