スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年8月名古屋・伊勢旅行(観光編)
日本古代史好きとしてずっと来て見たかった伊勢神宮。
正式に外宮からお参り。

P1060233.jpg

写真はこの位置までで、鳥居の向こうは撮影禁止。

白い布が御簾の様に垂れていて中を直接見ることはできませんが、
やっぱり趣あるなあ。

伊勢神宮は20年に一度神殿を新しく作って神様がお引越しするのですが、
その式年遷宮は持統天皇の時代から続いていると知って、
「天上の虹」で古代史にハマった私には感慨深いものがありました。
続いて風宮・土宮・多賀宮にもお参り。
風宮は蒙古襲来の時に神風を吹かせたお宮だとか。

P1060234.jpg

P1060235.jpg

P1060238.jpg

次は内宮へお参り。
長さ100m以上もある宇治橋。
その下を流れる五十鈴川は透明度が高くてすごくキレイ。

P1060248.jpg

P1060252.jpg

P1060256.jpg

こちらが内宮の御正宮。

P1060258.jpg

基本的に外宮と同じ雰囲気。
人が多いので「神聖な」という感じはあまりしないのですが、
なんかこう…卑弥呼が出てきそうな雰囲気というか、格が違うという感じ。
内宮は天照大神を祀っていて、ご神体は三種の神器の1つである八咫鏡。
神話の世界だー。

去年出雲大社も行きましたが、
伊勢神宮の方が洗練されている感じがするのは、
やはり式年遷宮で敷地や建物が新しいからなのかな。

お参りの後は前記事の通りおはらい町・おかげ横丁で散策&食べ歩き。
そして猫好きにはたまらない招き猫専門店の「吉兆招福亭」。

P1060279.jpg

招き猫用のお座布団まで売ってたりしてあれこれ可愛すぎる。
白と黒の招き猫を1対ずつお買い上げ。
起き上がりこぼしっぽく見えますが、倒れても起き上がりません(笑)。

P1060344.jpg

宿泊は二見浦にある旅館。
宿のすぐそばが海になっています。
(3月11日以来、海の傍は正直落ち着かない所もあるのですが…)。
伊勢湾に面している場所ですが、夕陽と朝日の両方を見る事が出来ました。
この日の日の出は5時7分。頑張って早起きしましたよー!(二度寝したけど)

P1060280.jpg

P1060283.jpg

翌日は夫婦岩を眺める「二見興玉神社」へ。
結構サイズの違う夫婦ですね(笑)。

P1060287.jpg

夏季は岩の間から朝日が昇るのだそうで。
しかもその朝日は富士山の背後から昇るとのこと。ご利益ありそう!

P1060288.jpg

縁結びのお守りが可愛かったので購入。

P1060343.jpg

続いては鳥羽水族館へ。
これが楽しかった!!

水槽も大きいし海獣の行動展示も楽しい。
ミキモト真珠島と迷ったけど、水族館に行って良かった!

P1060300.jpg

P1060307.jpg

P1060313.jpg

P1060326.jpg

イロワケイルカの親子が泳ぎ練習中(子供の為に頻繁に息継ぎのタイミングをとっていた)でカワユス。

P1060317.jpg

鳥羽水族館で人気のジュゴンはお食事中でお尻しか見えず(笑)。

P1060321.jpg

1番テンションが上がったのはペンギンゾーン。
透明の水槽に泳いでいるのですが、触れてしまう近さで、人の顔を見ながらパタパタ泳いでいるのが
めちゃくちゃカワイイ!!

P1060332.jpg

なんでこんなに人懐っこいのかなあ。
他にもセイウチと一緒に写真が撮れたりと、サービス精神に溢れた水族館でした。

帰りは鳥羽から伊勢湾フェリーに乗って対岸の渥美半島へ。
高速1,000円に押されて一時は廃止になりかけたそうですが、のんびり出来るし楽しかったです。
途中には三島由紀夫の小説「潮騒」のモデルになった島や、野生のイルカが見られる所もあったり。
この日もデッキから「イルカだーーーー!!」という歓声が上がって慌てて外に出てみたものの、残念ながら間に合わなかった…この度唯一の後悔。

やっぱり旅は良いなあ。
来週から社会復帰かあ…。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。