スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


馬場麺
今朝TVで見た「東京ラーメンショー2011」に触発されて、高田馬場で「馬場麺」なるものを食してきました。

「馬場麺」とは…

一.汁なし麺であること
一.麺と具が逆であること
一.店の個性が出ていること


という3ヶ条からなる麺で、どこか特定のお店で出しているものというわけではありません。
逆に言うとどの店で馬場麺が食べられるのか分からず探すのに苦労しました。
いちいちお店を覗いてメニューに馬場麺があるかを聞くという原始的な方法をとりました(汗)。

「高田馬場ラーメン連合会」ってのがあるのですが、HP(ってかブログ)がわかりづらいぜ。
馬場麺を扱ってる店舗の一覧位作って欲しいなあと。
宇都宮餃子みたいに店舗情報を載せた地図を配るとか。

というわけでリサーチ不足のまま選んだのは、店外に行列が出来ていた「鷹流」。

ご覧の通り一見麺しかない様に見える馬場麺。



麺の下に具とタレが隠れているのでよくかき混ぜて食べます。

DSC_0055.jpg

これがめっちゃウマイ!!!
馬場麺の特徴はタピオカとじゃがいもを練りこんだ麺で、これがもうモッチモチの食感。
鶏の塩系ラーメンで重たくないのも良いわー。
元々つけ麺>ラーメン派なのですが、馬場麺(和え麺)>つけ麺>ラーメンになりました。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。