スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年GW青森旅行①(八戸~十和田)
4月30日~5月2日までの2泊3日で青森旅行に行ってきました。
本当は去年のGWに行く計画をしていたのですが、震災で東北新幹線が不通になり(結果的にGWには開通していましたが)断念。
1年越しの青森旅行、何といっても3日間とも晴天に恵まれて半袖で過ごせたという強運に感謝。
1日ずれていたら記録的な大雨だったわけなので…。

まず東北新幹線で八戸まで。
そこからレンタカーで十和田⇒奥入瀬に2泊⇒弘前⇒新青森駅から帰途というルートで旅行しました。
この時期は弘前のホテルは軒並み予約すら受け付けない状況だったので奥入瀬に2泊したのですが、
同じ個所に2泊すると時間がゆっくり使えて良かったです。

八戸で下車してまず向かったのは、動物好きとしては外せない、ウミネコの繁殖地として有名な蕪島。

DSC00766.jpg
ウミネコの数…半端ないっす!!

DSC00777.jpg

というか距離が近過ぎる!!!踏まないように歩くのが大変な位。
近寄っても全く逃げないです。

DSC00770.jpg

DSC00773.jpg

参道の階段脇という至近距離で卵を温めているという無頓着さ。
逆に人間の方が気を使ってしまいます(笑)。

DSC00771.jpg

↓間違い探しみたい(笑)
DSC00780.jpg

蕪島に集まるウミネコの数は約4万羽で、島自体が国の天然記念物に指定されているとか。
その圧倒的な数は、動物好きも動物嫌いも一見の価値ありかと。
そしてこれだけの数のウミネコの群れに突撃しつつも、「落し物」に遭わなかった強運にまた感謝。

昼食は食べログで探した陸奥湊の「みなと食堂」へ。
写真で見て垂涎モノだった平目漬丼と青森名物せんべい汁。

DSC00783.jpg

ギッシリ並んだ平目に見るからに新鮮そうな玉子の黄身。
淡白な平目の刺身ととまろやかな玉子と漬けのタレと……美味しくない訳がない!

DSC00784.jpg

せんべい汁も初めて。
お麩みたいな感じかな?と想像していたのですが、もっともっちりしていてお餅みたいでウマイ!


昼食後は桜の名所、十和田市官庁街通りへ。
日本の道100選に選ばれているという道で、「駒街道」という愛称がついています。
その為道沿いには馬にちなんだものが沢山。

DSC00801.jpg

DSC00794.jpg

DSC00807.jpg

DSC00791.jpg

桜は7分咲位でしたが、お天気が良くって散策にぴったり。
十和田市現代美術館のカラフルなアートが空に映えます。

DSC00790.jpg

一際目を引くフラワーホースは近くで見るとかなりの迫力です。

DSC00812.jpg

20度以上の気温だったこの日。
思わずアイスを買ってしまいました。

DSC00806.jpg

「花火アイス」という名前で、想像通り非常に人工的な味がしました(笑)。

宿泊先は「奥入瀬渓流ホテル」。
古いホテルなので機能面では若干物足りない面もありましたが、
さすが星野リゾートのホテルで接客が素晴らしかったです。

ホテルのラウンジ「森の神話」。
天井が高くて大きな窓から奥入瀬の景色見えて。
岡本太郎作の暖炉も森のリゾート感たっぷり。

DSC00881.jpg

ここでは美味しいスイーツも食べられます。
「幸福りんごのミルフィーユ」。

DSC00882.jpg

よく見るとケーキのてっぺんに乗ったりんごの小さい薄切りで葉っぱを模していたりと、
すごく凝った造りで目にも舌にもまさに「幸福」なスイーツでした。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。