スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年12月モルディブ旅行~フォーシーズンズリゾート・アット・クダフラ~
半年以上間が空いてしまったモルディブ旅行の記事。
自身の備忘録としてはもちろんのこと、モルディブのホテルを選ぶ時に、実際に行った方の感想や写真がすごく参考になった事もあるので、今更ですが写真だけでも簡単に。

DSC00124.jpg
日本からモルディブへの旅行の際は到着が夜になるので、1泊目の宿泊は国際空港のある首都マーレかスピードボートで行ける範囲のホテルになります。
今回は1泊目からどうしてもリゾートホテルに泊まりたくて、最初の1泊同じフォーシーズンズのクダフラに泊まるプランにしたのですが、ホテルの部屋に着いたのが既に夜中の1時近かったので体力的には結構厳しかったです(汗)。

ただ2泊目以降がフォーシーズンズ系列のホテルだからか、行わずに1泊目のこちらではチェックインの手続き等は一切行わずに、直ぐに部屋に案内してくれたのは、さすがモルディブのホテルのホスピタリティは素晴らしい!と思いました。
ゲストが最上の寛ぎを楽しめる様に、徹底的にゲスト自身の手間や時間を取らせない様にしてるんだなあと。

こちらで宿泊したのは水上ではなく普通のコテージ。

DSC00108.jpg

1泊だけ…しかも数時間しか滞在しないのに勿体無さすぎるお部屋でした。

DSC00100.jpg


DSC00095.jpg

バスタブはあまりに大き過ぎてお湯がたまるまで1時間位かかりそうで止めました(笑)。

DSC00096.jpg

長期滞在になると洗面スペースが2つに分れているか結構大事です。

DSC00104.jpg

シャワーブースは別にあって、アメニティは勿論ロクシタン!

DSC00107.jpg

お店で売っているプラスチックの容器ではなく、リゾートらしく壺に入っているのもステキ。

部屋にはエスプレッソマシンが常備。

DSC00105.jpg

DSC00097.jpg

ウェルカムチョコレートもありましやが、何せ既に夜中なので…(泣)。

DSC00101.jpg

天蓋付きのベッドはやたら高さがあってよじ登る感じ。
日本人のリーチの短さが余計に高さを感じさせるのだろうか…。

DSC00118.jpg

部屋の外にはプール付き。
とはいっても泳げる大きさではないので、露天風呂みたいですが(笑)。
横に東屋風のスペースがあるのでお昼寝が気持ち良さそう。

DSC00115.jpg

DSC00116.jpg

部屋を出て少し歩くとそこはもう海になっていて、宿泊者用の椅子が置かれています。
この椅子に座るとどこからともなく(近くで見張っているだけでもないのに、本当にタイミングよく現れる…スバラシイ!!)スタッフの人が来てくれて、冷たいお水とおしぼりをサービスしてくれます。
勿論飲み物や軽食をオーダーする事も可。

朝食はメインレストランでビュッフェ形式。

DSC00113.jpg

DSC00110.jpg

DSC00111.jpg

卵料理の他、パンケーキやワッフルなどはオーダーするとその場で作ってくれます。

ホテルのメインプール。
DSC00129.jpg

海と一体化しているような作り。黄色がアクセントカラーになっていてセンスあるなあ。

今回は行く時間がありませんでしたが、クダフラのスパは少し離れた小島に作られていて、
ドーニ(現地の伝統的な小型船)で渡る様になっているそうです。

DSC00125.jpg

1泊しかしませんでしたが、短い滞在期間の中でも最高のサービスを実感出来るホテルでした。
スピードボートで行ける範囲だと帰国時もギリギリまでリゾートで過ごせるのも良いなあと思いました。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。