スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「海」より帰宅中



汐留のイルミネーション、キレイですねえ。「海」のイメージに相応しい幻想的な青色……。



さて「オペラ座の怪人」ソワレ終演しました。久し振りの高井ファントム…「あるべきものがそこにある」安堵感の様なものを感じました。高井さんが歌い出した途端、何の違和感もなくファントムの世界に連れていかれてしまう心地良さ。ああ本当に帰ってきて下さったのですねーっ!



でも舞台全体のまとまりは…うーん…沼尾クリスは佐野ファントムの方が相性が良い気がしました。高井ファントムと沼尾クリスの間に、互いの心情がぶつかり合う様な瞬間を感じられなかったので…。



でも肩乗せリフト見られたし、何より寺田&小林支配人ズがそれはもう面白い事この上なかったですっ。小林フィルマン、オペラ座のバレリーナ達にめちゃめちゃ嫌われていて可笑しかったなあ(笑)。



詳細はまたー。







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。