スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/19「壁抜け男」マチネ(千秋楽)

ジュディオンは素敵!「壁抜け」カンパニーは最高!



ってことで「壁抜け男」千秋楽公演馳せ参じてきました~!

えっと…「壁抜け」より前にレポ書くべきものがあるんですが…記憶の新しいものからとりあえずって事で(汗)。

予想通り舞台も客席もすっごく盛り上がってました!元々力量のあるキャスト揃いなカンパニーに「千秋楽」という特別な気合いがプラスされたのですから、そのパワーたるや凄まじかったです。自由劇場という空間がが丸ごと別世界に運ばれてしまったかの様に感じた程です。本当~に思い出に残る最高の舞台でしたっ。

とはいえそこは四季なので、千秋楽といっても残念ながら何か特別な催しがあったわけではありません。でもキャストの皆さん明らかにノリノリで踊ってましたし、お客さんの「最多記録を更新してやるぜ~」という言葉にならない声が聞こえてくる様な粘り強~い(笑)拍手が凄かった!嵐の様な拍手とはまさにこの事!ふと「アプローズ」の歌詞を思い出してしまいました。

♪世の中が厭な時あの音が聞こえて

   何故だかやる気が起きるの 心が躍るの

     覚えたら最後 あの音の虜だわ


…万雷の拍手って送られる側の役者だけでなく、送る側の観客をも幸せにしてくれる力があるよなあとしみじみ思いました。ちなみに35ステップス収録の「アプローズ」で若かりし頃の祐一郎さんの高音域を聞いては「今の方が何倍もイイ声だなあ」と悦に入っている私であります。……ハイ、話が逸れました(汗)。



結局例の歌は3回で、残念ながら記録更新はならずでしたけれども、当然ながら総スタンディングオベーション!特に1階席下手後方が熱かった模様で「ブラボー!」の掛け声が何度も掛かっていました。個人的には幕の下から手だけ出してのお手振りの時に、小林さんがものすごい高速バイバイをしていたのにツボりました(笑)。



今日の席は「マル様主演だから絶対延長するだろうけど万一って事もあるし」と思って発売日に真っ先に押さえた席だったんです。なので1階前方センターブロックという超良席。しかも上手寄り=カテコで高井さん&小林さんの視線貰いまくり有頂天席(勝手に命名)でして。「次にマスクの無いお顔の高井さんを拝めるのはいつになるかわからないから(小林さんの事はいいのか?)存分に見つめあってこよう(痛)」とCATSのネーミングばりに視線を逸らさず頑張った私です。ああ~幸せ♪

そういえばカテコでのジュディオン高井さんは千秋楽でも石丸デュティユルからロータッチ…ハイタッチではないので他にうまい表現が見当たらないのですが、ホームラン打った選手が仲間と順に手を叩きあわせていくアレです…をスルーされていたのには笑いました~。千秋楽ぐらいは仲間に入れて貰えるんじゃないだろうかと秘かに期待してたんですけど。可哀相だなあ(笑)。



本編の方は、もう皆さん声のハリが違うっ!気合充分の朗々たる歌声を体中に浴びる事ができて、クドイですが至福としか言い様がありませんでした。すっかり惹き込まれてしまって細かい事は殆ど覚えていないのですがちょこっとだけ記録です。




・寺田警官の「♪甘く見るなよ~~~~」(2回目の方)のロングトーンが過去最長でした。荒木さんが千秋楽用にわざと「どつき」のタイミングを遅らせたと思われ(笑)。その後両手をついて転んだ寺田さん…「ベチッ」って凄い音を立ててました。このシーンで寺田さんが出すあえぎ声(?)が毎回ちょっとずつ違うのがプチツボでした。「んふっ」だったり「あふっ」だったり(笑)。



・2階の窓から「イザベ~ル!飯はまだかーっ!!」と顔を出す高井判事。叫んだ後すぐに引っ込まずにキョロキョロ辺りを見渡して、いつもより出演時間が長かった気が。気のせいですかねえ。私は「ファンサービスだー!!」と勝手に思ってましたが(苦笑)。



・寺田弁護士の髪型が変わってるっ!もーーー吹き出さないよう堪えるのタイヘンですよ、寺田さーんっ!!前に観た時は7:3分けで片方が爆発している髪型でしたが、今日は真ん中分けで両耳の上で爆発している髪型。うーんどっかでみたんだよなあ、ああいうアニメキャラ…。悪役なんだけど最後必ずやっつけられちゃう情けない系の(コラ)。

終演後からずっと考えてるんですがまだ思いつきません。寺田弁護士登場の瞬間に客席になんともいえない空気が漂ったのを体感したので(笑)、どなたかがピッタリのキャラを言い当ててネット上に掲載してくれる事を期待しておりますっ。



・「壁抜け」が終わったら、3月まで怪人オンリーになるであろう高井さん。その前に思い残すことなく!って感じで全編ハジケまくってらしたのですが個人的に一番印象に残ったのは裁判のシーン。

「♪やりすぎ検事~首を刎ねる~毎月一人をあの世送り~」と詰め寄る聴衆を「うぇおーっ」と野獣の如き咆哮で追っ払ってました。た、高井さ~ん!?



・ちょっと呟き。「公務員の四重唱」で「誰の歌詞を意識して聞き取っているか?」のアンケートをとったらどういう結果になるだろうか、というくだらない妄想をしてみる。おそらく8~9割位の人が「プワァンティー小林さん」の声に集中していると思ってます。私がそうなので(笑)。



9月の開幕から2ヶ月間、計4回通う事ができた「壁抜け男」。おこがましい言い方ではありますがこれ程「良質の舞台」を観られた事をとても幸せに思っております。ラストシーンで石丸デュティユルが「♪さようならみんな~」と歌うのを聞いた途端「ああこれで本当に終わりなんだ。もうこのカンパニーとはさようならなんだ…」と思って泣き出した女が1人(苦笑)。「壁抜け」カンパニーの皆さん、沢山の楽しい思い出をありがとう~!!次に汐留で再会出来るのを待ってますからー!!(←本音)

…で、このキャストでのDVD発売は無いんですかーっ?切望なんですけどーっ!!家にビデオデッキがないので、今発売されている(も廃盤なんでしたっけ?)ものだと観られないんですよう(泣)。「TdV」のCDみたいにアンケート書きまくったら考えてくれるかしら…。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。