スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/21「壁抜け男」ソワレ

先週末に2回目の「壁抜け男」に行って参りました。

席はなーんと最前列~っ!!

近すぎて何やら照れました(笑)。役者さんによって目線の方向に色々なパターンがありますが、渋谷さんは思いっきり前列のお客さんを見るタイプの模様で。いやードキドキしました。幸せ…。



終演後の感想でも書いたのですが、開幕から1ヶ月経って役者さん達も慣れてきたのか、歌に多少アレンジが入っていたりして実に楽しそうにノビノビ演じられているなあと感じました。特に高井さん…「おっれっがっぶっちょっおぉぉ~っっ!!!」…お元気そうで何よりです(笑)。



今更ですがこの「壁抜け男」、本当に心が温かくなる作品だなあとしみじみ思います。

最後はハッピーエンドとは言えない(そもそもそういう風に割り切る作品でもないのでしょうが…)けれども、真面目で平凡で目立たない1人の男が壁を抜ける力を手に入れた事をきっかけに、新しい人生を見つける。無意識のうちに自らの周りに築いた壁…その壁の向こうの世界の何と明るく眩しい事か!

私自身非常に人見知りするタチな上にチャレンジ精神も旺盛とは言えないタイプなので、「新しい自分」に憧れる気持ちがすごくわかるのです。といいつつもこの作品に触発されて「私も今までとは違う自分を見つけるぞ!」となる程の純粋さはないんですけれどね…。



まあ何が言いたいかというと「壁抜け賛歌」の「♪何処にでも入れるう~っ↑」「♪僕は怪盗ガルガルだあ~っ↑」と体も声も弾む様な石丸デュティユルがめちゃめちゃカワイくて、観ているこちらも思わず笑顔になれるなあと。まとめるとそんな感じで(笑)。



以下観劇から時間も経ってしまったので思いついた事を簡単に。

感想ではなく妄想です…。




・公務員A夫人・B氏・C氏は単に「ABC」の順序なのだと思っていたのですが、M嬢=マリアという事はもしかして彼らにもフルネームがあるのでしょうか?(原作未読です。)

Cで始まるフランス人の名前…C……C………シャルル?(爆)

シャルル=美少年という固定観念が頭の中にあるもので、勝手な妄想でツボってしまいました。

※私の中でシャルルいうと、小学生の時に読んだコバルト文庫「愛してマリナシリーズ」に出てくる登場人物なんです。高貴な家柄の生まれで、ものすごいIQの数値を持った天才の王子様の様なキャラ。…どうでもいい事を書いてしまった(汗)。



・寺田さんの眉メーク、あの下がり眉はズルイ(笑)。あれで笑うなと言う方がムリっ!



・警官コンビ。寺田さんだけ衣装の膝の部分が白っぽく色落ちしているのは、やはり寺田さんの動きが激しいからでしょうか…。「♪甘く見るなよ~~~~~~~」のロングトーンの後に荒木さんにどドツかれて倒れる寺田さん。倒れた瞬間に「んふっ」って言ってました。ふ、腹筋がああっ。



・「公務員の四重唱」。最初は渋谷画家が手に持っている号外の新聞を小林C氏が覗き込んで仲良く新聞を読んでいるのですが、C氏が「♪ああ羨ましい奴だ!もしも僕に出来るなら惚れてる彼女の部屋に忍び込み」とアブノーマルな歌詞を口に出した途端、思いっきり呆れ顔になった渋谷さんが忘れられません…。



・初里咲イザベル。めちゃめちゃ色白いーっ!!予想通り里咲イザベルは「若い妻」とはいえないかもですが(里咲さんご自身は年齢からすれば異様な程若いですけど)、「人妻」っぽいしっとりとした雰囲気でした。でも2幕のお色気(?)シーンは花代イザベルの方がドキドキしたかなあ…なんかこう若さ故の危なっかしさというか。

あと里咲さん、意外に太ももが…だった…(汗)。やっぱり花代ちゃんは現役でCATSやACLにキャスティングされてますから鍛えてますもんね…。



・刑務所のシーン。ジュディオンが檻に近づくと、嬉しそうに巨体を左右に揺すぶる小林囚人。「早く早くっ!」と仔犬が尻尾を振ってご飯を催促している様だ…。

しかもジュディオンの手を舐めた後、モグモグと咀嚼した挙句にゴックンと飲み込んでましたが…?な、何を食べたのですか小林さんーーーっ!?



・デモ隊に加わる高井さん。メガホンを手に持ちこぶしを振り上げるお姿…動き(特に下半身)が妙にカタくてツボです。なんというか…日頃運動不足のお父さんが子供の運動会に参加してダンスを踊っているみたいな…?ギャーーーっ!ファントムに向かって私は何と失礼な事を!

つまりまだ慣れないんです。高井さんのあんな姿やこんな姿(笑)。



・寺田弁護士。私、今回1ヶ月ぶりの観劇だったのですが、前からあんな振り切れちゃってる髪型でしたっ!?ペットリと8:2分けした髪の毛が、片方の耳の上で爆発しているあの凄まじい髪形!!この日あのシーンで笑いの涙を拭っていた観客@最前列は私です…。



・デュティユルに「ここに証拠がある」と書類を突きつけられた高井検事。「キ、キミは何をバカな事を言っているのかね?さ、さあ悪い事は言わないからそれをこちらによこしなさい」と顔に書いてあるムリムリな笑顔が個人的プチツボです。





我ながら全然まとまってませんが今回はこの辺で…。

日程的にどうしてもリハ見には参加できそうになくて地団駄踏みまくりなのですが、チケットは千秋楽を含めて後2回持っております。ああそれにしても今回のキャストでDVD出してくれたらなあ…既にビデオがあるって事は版権的には問題ないんです…よね?きっとめちゃめちゃ売れますよ!どうか考えて下さい、代表~~っ!!





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。