スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ユナイテッド93」を観ました

「ユナイテッド93」を観てきました。



説明するまでも無いのですが、この作品は2001年9月11日の航空機テロを扱った映画です。ハイジャックされた4機の飛行機のうち、3機は目標に到達。唯一目標に到達せずに途中で墜落したのがこのユナイテッド93便。その離陸から墜落までを描いた映画…というかドキュメンタリー作品です。



9月11日のあの事件。私は家のTVでその様子を見ていました。

最初に煙に包まれる貿易センタービルの映像を見た時には、てっきり内部でなにか爆発したのだと思いました。しかしどうやらハイジャックされた航空機による自爆テロだという情報が流れ、にわかには信じがたいと思っていた丁度その時、目の前の画面に映ったのは更にもう1機の航空機がビルに衝突するリアルタイムの映像…。

錯綜する情報とあまりの衝撃に、逆に現実感が湧かないというかただただ呆然とニュースを見続けていたのを覚えています。



あれから5年が経過して公開されたこの映画…壮絶でした。上映中にあまりの恐怖と緊張感で貧血を起しそうになり、度々画面から目を逸らし、幾度も深呼吸をして何とか最後まで観ました。恐ろしいまでのリアリティで涙する事も出来なかった程です。

多くの犠牲者が出た実在の事件を扱った映画に対する感想として適切かどうかわかりませんが、死が目の前に迫る極限状態の中にあっても、人の心というものはこれほどまでに強いのだということに感動しました。



個人的にはアメリカの映画会社で作られた映画であるにもかかわらず、犯人達に対する弾劾や非難の姿勢が作品中に出てくることが無かったのも良かったと思います。メッセージ性を極力排除して作る事で史実(というにはまだ年数が経っていませんが)をありのままに伝えている作品だと思います。



この映画を観る事は、私の様に直接にはあの事件に何の関係も無かった人間にとっても非常に辛いものです。それでも観て良かったと思いますし、多くの人に観て欲しいと思いました。









管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。