スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/4「ジーザス・クライスト=スーパースター」ソワレ

父なる神よ!私の貯金を今御手に委ねますっ!!

「JCS」熱はいまや最高潮に達しております。

現時点で残り3枚「も」チケットを握っているはずが、3枚「しか」ないじゃん(涙)になってきました。東京JCSが終るのを想像しただけで軽くブルーになるほど寂しいです。楽まであと1ヶ月無いんですよっ?♪あなたーが生きがいでー暮らしてきたのにどうしようー…本気で抜け殻になりそう。WSSの開幕が憎いぐらい…てなわけでチケット増やします。京都も絶対行きます。

問題は京都公演のチケ発売日に予定があって10時に参戦出来ないという事です(死)。何故だー!マイゴーッド!!!何故ジャポ版とエルサ版を一気に発売するのですかーっ!!



柳瀬ジーザスが好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで♪声限り~この想い~叫んでもいいですか?(←迷惑)なんかもう完全にスイッチ入っちゃった感のある今回の観劇でした。帰宅後クローゼットの奥からかび臭い新約聖書を取り出して読み出す始末。

「JCS」観劇後に読むと、福音書の色々な記述が如何に見事に盛り込まれているかが改めてわかります。ピラトがジーザスに死刑を宣告した後で手を洗う所までちゃんと聖書に書かれているんですねえ。



一気に柳瀬ジーザス愛アクセル全開になってしまったきっかけは「最後の晩餐」のシーンです。「♪お前達の1人は私に顔を背けて1人は私を見捨てるだろう」の後で柳瀬ジーザスがユダを見つめてかすかに首を振りながら「ユダ…」って声無き嘆きを漏らしたんですよーーっ!!!もう余りに切なくて哀しくて愛おしくて胸が痛くてどうしようもなくて、その場でのたうちまわりたい程でした。その瞬間に冒頭の通り貯金を切り崩して通い倒す決心をするに至ったワケです。

あーもうどうしてこんなに柳瀬ジーザスが好きなのか!元々柳瀬さんは好きな役者さんではありますけど、正直他の演目では突発する程には盛り上がらないんですけどねえ。ジーザスだと劇場という同じ空間にいられるだけで幸せです。いやむしろ芝居を観ているという感覚すら吹っ飛ぶのですが。



えーといい加減暑苦しいので柳瀬ジーザスへの想いはこの辺で置いておいて。

最近喉の調子が下降気味との噂を聞いていたスンラユダですが、個人的には気になりませんでした。というか高音部分をファルセットで歌っていたので、苦しそうな印象が緩和されていた気がします。

前回のエルサ初日の「自殺」のシーンで這いつくばって床をバシバシものスゴイ勢いで叩いていたのを観て「よほど穴位置の確認に気が逸っているのか」「狂気の演技プランなのか」と判断に迷ったのですが、今回観劇で初日のアレは前者だったという事が判明(笑)。今回は穴確認控えめでした。



今日は田島ピラトに石が2発とも直撃。見た目グラディエーターっぽくて強そうな田島ピラトが、石つぶてにはめちゃめちゃビビってるのがちょっとツボだったりします(笑)。でもやっぱり村ピラトが恋しい……「♪語れジーザス・クライスト」辺りからの村さんの歌声の迫力は群集の暴走っぷりとの相まってもの凄くドラマティックなんですよねえ…。ホント同じ休みなしなら猫⇔JCSを入れ替えれくれぇ。あと田島ピラトの鞭打ちカウント「さーんじゅう~っ!!」…って感じでちと切迫感にかける気が(汗)。



あとヘロデ王も…前回2004年の公演の時みたいに下様掛け持ちしてくれないかなあ…なんて。下様ヘロデの時は「ええー出番たったこれだけ?」と名残惜しかったのですが半場ヘロデだとあのシーンが長く感じてしまう…。あ、でも椅子から立ち上がっても座っている時と背の高さに変化がない半場ヘロデはカワイイなあと思います(笑)。



エルサ版で個人的イチオシの飯田カヤパ。今回初見の友人を同行したのですが「まだ芸大在学中なんだよー」と話したら「えーめちゃめちゃ老けてない?」と言われたので、飯田さんの老けメイクは大成功の様です(笑)。ホント良い声だなあ~。早くも「次はどんな役をやるんだろう?」と気になってしまいます。四季の中の人は是非飯田さんを大事に育てて欲しいなあ。いずれはファントムをやれる声の持ち主だと思っているのは私だけでしょうか。あんなにも広い音域を無理なく歌えるのって本当に貴重だと思います。



この日の高木マリアは個人的に今期ベストでした。ジャポ版開幕から暫くは中低音域がざらつく感じで気になっていたのですが、すごく柔らかい歌い方になって聞き易くなったと思います。

同じく連投の神埼シモンも見違える(聞き違える?)様に進化してますよねえ。ジャポ版の後半では「狂信者シモン」のラストを高音上げしていた気がするのですが、エルサではやらないのかなあ。ただまだちょっと「い」の段が気になります。♪とこえの栄光とからを得たのです~の2文字が耳に刺さる感じがしちゃうのは発音が関係あるのかなあ。



招待客が多かった前回観劇時とは違って、カテコで客席の熱い事!エルサ版はやっぱりカテコが楽しいなあ。横ノリの柳瀬さんがあまりに愛くるしいっ!!ジーザスとユダが何やら楽しそう~に内緒話をしているのもイイなあ。あと高木さんってあの傾斜がすごく苦手みたいじゃないですか?移動する時の笑顔に余裕が無い気が(苦笑)。

カテコの途中で傾斜のてっぺんまで上がらなくちゃいけない時や袖にはける度に、柳瀬さんがスッと手を差し出してエスコートする様子が激しく羨ましいです。



次は10日のリハ見の回です。基本的にジーザスは出ずっぱりだから柳瀬さんのお姿は拝めると信じているのですが…。







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。