スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年ベトナム旅行記<3日目-その1>

ベトナム旅行3日目。今日からは現地ガイドさんが同行する完全なツアー日程となります。今日は夕方までホーチミン市内観光。その後飛行機でベトナム最後の王朝であったグエン朝の都が置かれたフエに向かいます。



正直な所、ホーチミンの市内観光は見応えがある!とは言い難いです。例えていうなら東京に観光に来ても特にこれといった見所があるわけではないのに近い気がします。

それでもやはり違う国の文化に触れるのは非常に興味深い事。特にこの国にはベトナム戦争という目を背けてはならない歴史があります。ホーチミン以外でもベトナム国内の各地に戦争の爪痕がありました。観光客にはアメリカ人と思われる人も多かったので、ガイドさんに「ベトナムの人たちはアメリカをどう思っているのか?」と聞いてみたかったのですが……いくら日本語が喋れるガイドさんとはいえそんな重たい話はちとムリそうだったので(苦笑)やめました。



■統一会堂



ベトナム戦争終結前までの南ベトナム政権時代の旧大統領官邸です。会堂の前にはこんな風に青々としたきれいな芝生が広がっているのですが、多くの人が芝生を横断していてちょっとビックリしました。日本だったらたとえ「立ち入り禁止」の看板が無くとも、整えられた芝生の上をわしわしと歩いていくのには躊躇いがあると思うんですが、国民性というかなんというか細かい事は気にしないらしいです(笑)。



そういえば旅行中に全部で3人の現地ガイドさんがついてくれたのですが、皆さん集合時間ピッタリに来るか、5分遅れるか、どちらかでしたねえ(苦笑)。日本人の添乗員さんだったら有り得ない事でしょうけれど、こちらはやはりのんびりとしたお国柄の様です。



話が逸れましたがこの統一会堂。大統領官邸ということもあって中には漆や象牙を使った豪華な部屋が多数あります。でもその壮麗さよりも、会堂の地下に残るベトナム戦争中の極秘軍事基地としての様子の方が印象に残りました。

地下室には司令室や通信室等がありました。暗く狭い部屋に作戦用の地図や暗号解読機が、観光用にデフォルメされた状態ではなくポツンと素っ気無く置かれている様が妙にリアリティがありました。






■聖母マリア教会(サイゴン大聖堂)





ベトナムの大多数の人たちが信仰するのは仏教ですが、フランスによる統治という歴史もあり、仏教徒の次に多いのはキリスト教徒。こちらはフランス統治時代に建てられたカトリック教会です。

教会の中には入らなかったのですが、丁度結婚式を終えて出てくるカップルを見かけました。ガイドさんによるとホーチミンの若者達は漏れなく全員この教会で式を挙げるそうです。新郎新婦がタキシード&ウェディングドレス姿だったので「婚礼用のアオザイは着ないんですか?」と聞いた所、「両方着る」んだそうで。

本来の宗教とは関係なく教会で式を挙げてドレスを着たいと思う気持ちは万国共通なのねと思いました(笑)。



■中央郵便局







駅舎と間違うようなこの豪華な建物もフランス統治時代のもの。ドーム型の天井がヨーロッパの香りです。



で、ここでお目当ての品を発見。





猫の切手です~。旅行の下調べでネットをウロウロしていた時に「ベトナムには猫年というのがあるので猫の切手が売っています」という情報を見つけて、猫好きとしては絶対に欲しいっと思っていた品。色々な種類の猫の切手があってカワイイんですよ~。元から海外旅行に行くと切手を買ってくるケースが多いです、私。普段はデュティユルの様な切手集めの趣味はありませんが(笑)。かさばらないし、色がキレイで眺めていて楽しいので。あ、犬の切手もありました。アオザイ姿の女性のイラストの切手も…普通は記念に買うならこっち(アオザイ)ですよね(苦笑)。



そうそう、アオザイといえば、今回の旅ではアオザイを着て変身写真を撮ることも、オーダーメイドで作ってもらうこともしませんでした。だってあのデザイン!細すぎる~~~~!!贅肉の許されないあのシルエットはキビシイ…。しかもアオザイってサイドスリットが「動いた時にちょっとわき腹が見えるような」長さになってるんですよね。そ、そんな常に緊張を強いられる服、私には到底ムリ~!!

でも刺繍やビーズ装飾が施されたアオザイ用の布は本当にキレイで心が揺れたのも事実なんですが。



ちなみにベトナムの若い女性はみんなものすごくスタイルが良い!単に細いのではなく女性らしくしなやかな体つきで…見惚れちゃいました。アオザイを着るにはこうじゃないとなあ…。ガイドさんによるとベトナムの女性はほとんど肉を食べないそうです。野菜と魚だけ。やっぱり食生活から違うのね。

あと不思議なのは髪の毛が癖毛の人がいない事。男女問わずみーんな超ストレート。キューティクルツヤツヤ(笑)!遠~い昔、生物の授業で遺伝について勉強した時、確か直毛と癖毛では癖毛の方が優性だったと思うのですが…この直毛率、ナゾです。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。