スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年ベトナム旅行記<2日目-その2>

サイゴン・スパから再びボートに乗ってホーチミン市内に戻り、遅めのお昼ごはんを。当初の予定では「テンプル・クラブ」というレストランに行く予定だったのですが、ここで突如M嬢のサンダルがブチっと切れるというプチトラブル発生!目的地のレストランがボートステーションから少々遠かったので予定変更。ドンコイ通りにある「マキシムズ・ナムアン」というレストランに行く事にしました。



ガイドブックには「高級レストラン・要予約」と書かれているんですが…めちゃめちゃ空いてました。どうやら時期的に観光客が少ないらしいのですが、それにしても店内にお客さんは私達を含めて3組だけ。お客さんより従業員の数の方が多いぞと(苦笑)。とはいえ結果的にはこのお店は大当たり!凄くオススメです~!!







店内は間接照明で薄暗い為うまく写真が撮れなかったのですが、劇場を改装して作られた(←観劇好きとしてはこれだけで何やらウレシイ(笑))という内装はシックでかつ豪華♪日本語表記

オススメメニューと英語表記の詳細メニューが有りました。



オーダーは次の通り。

◆生春巻

◆鶏肉の…なんとか(忘れました)グリル

◆土鍋炊込みご飯








このお店で食べた「土鍋炊込みご飯」が旅行中に食べたものの中で1番美味しかった!日本のベトナム料理屋さんではあまり見かけないと思うんですがとにかくウマイ!ベトナム独特のお醤油をかけて食べるんですが、口中に広がる香ばしい匂いが未経験の美味しさでした。多分お米も違うんでしょうね。日本のお米よりパラっとしていて、タイ米よりはモッチリしているという絶妙さ。具材については椎茸・タケノコ・牛肉らしきものは確認できましたがそれ以上は謎(笑)。香草等が入っていると思われます。あ~ホントに美味しかった(しつこい)!日本で食べられるお店を絶対に探すぞ~と心に決めております。






後はベトナムの定番生春巻。この日以降は全て食事がツアー日程に組み込まれていたんですが、毎食毎食必ず生春巻か揚春巻のどちらかが出ましたねえ。私は元々パクチ全然OK!な人なのですが、本場の生春巻は思った程パクチ山盛りでは無かったです。観光客向けにアレンジしているのかもしれないですね。

日本と違うな~と思ったのは、きっちきちに巻かれている事(笑)。ライスペーパーの質が違うんでしょうか。料理教室で生春巻を作った事があるのですが、途中でペーパーが破れて散々な目に遭いました。ま、普通家で作るものじゃないですけどね。



ご飯を食べた後はホーチミンの繁華街、ドンコイ通りを行ったり来たりしてお買い物。まずはM嬢のサンダルを探し、リボンの編み上げサンダルをお値段3,000円でお買い上げ~。値段は安くとも、この後の旅行中壊れる事も無く大活躍だったので品質も良かったのではないかと。(今後掲載する写真で実際に履いていますのでご参照を~。)他にも可愛くて安い靴が一杯ありました。ただ売っているデザインはトングサンダルが多くて、100%靴擦れを起こす私は泣く泣く見送りましたが…。



その他ドンコイ通り周辺には雑貨屋さんがひしめいておりました。お店の数が多く、扱っている商品は似ていて、値段はちょっとずつ違う、というひたすら足で稼いで探せ!という感じでした。

あ、ちなみにちゃんとした店舗を構えているお店では値引き交渉は不可でした。

売っている雑貨はシルク素材、ビーズ、刺繍等を使ったカバンやポーチなど。よって「価値のあるもの」「本当に必要なもの」しか買わないという賢明な方はあまり興味がないかもしれません。私の様にあまり考えずに感覚で買い物をするタイプには楽しかったですけれども。



結果的にはカバンを3つ、サンダルを1足、お土産用にポーチ類や刺繍の入った巾着袋を多数買いました。







下の写真、ウチの猫がフレームインしておりますが(笑)。

刺繍のカバンは10ドル、ビーズのカバンは16ドル、カゴバックは正確には忘れましたが2,000円弱だったかと。それと、お姑さんにちょっと高めのお土産を買うというM嬢に触発されて、私も母親に「カイシルク」というベトナム最高級のシルク製品(らしい)のお店でパシュミナのストールをお土産に買いました。「そっちの方が欲しいなあ」と私が自分用に買った上記の16ドルの安物カバンの譲渡をねだられるという物悲しい結果に終わりましたけれども…。



買い物の途中で「ファニー」というこれまたガイドブックに必ず載っているアイスクリーム屋さんへ。有名なのはシクロ(ベトナム名物の人力車みたいなもの)をかたどったアイスなのですが、ココナッツアイスが苦手だったので残念ながらパス。普通にイチゴのシャーベットみたいなものをオーダーしました。



添えられている傘がちょっとベトナムっぽく♪

ビックリしたのはアイスクリーム屋だというのにお店には一切冷房がない事…。暑い…溶ける…。キレイだし有名なお店なんですけどね。ベトナムでは冷房の普及はホテルと高級といわれているレストラン以外ではまだなかなか…の様です。







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。