スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いけない 行き過ぎはよくないぞ

ここ最近は月が改まってから届く事が多かったアルプですが、身も~心も~疲れ果てた~私への神様からのご褒美だったのか8月号は早くも一昨日の30日に届きました。



いつも半身浴を兼ねてお風呂場で読んでいるのですが、今月号はのんべんだらりと湯船に浸かっているどころではなかったです。「JCS」リハ見&オフステ開催だなんてーっ!!

裏を返せばチケットが売れていないという事なので「JCS」ファンとして諸手を挙げて喜んでいいモノか一抹の懸念はありますが、やっぱり嬉しいものは嬉しいのです。慌ててお風呂から上がって迷わずポチッとしましたとも。しかもリハ見の日が手持ちチケと被っていて休暇も申請済みだったという幸運!更に水曜が残業禁止デーなのでオフステも会社を休めず行けるという幸運の二乗!!

でも出来る事ならオフステは全部行きたい…自分が行けなかった日に限って柳瀬神様がご降臨なんて事になったら悔やんでも悔やみきれないのですマイゴッド。



しかし現実問題として、今のJCSカンパニーでイベントの司会役が誰に振られるのか想像できないんですよねえ。芝さんもシモ様もいないし。来週辺りイベント要員キャス変があるのでしょうか。

キャス変といえばアルプでは芝ジーザス売り出し予告満載なのですが、やっぱり京都待ちなのかなー。にしてもボスの思い付きかもしれない一言を、「明日やれということだ」と1を聞いて10を知る芝さんが凄い。そしてそれが結果的に的を射てしまうという四季の体制は更に凄すぎる。長年会員やってきて大分四季のトンデモな事態には慣れたつもりでしたがやっぱり内部は更にトンデモなんだとヘンに感心してしまいました。夕方に「これ明日の朝までにやってね」って仕事を振られたら、私ならキレますね間違いなく。



というわけでエルサレム巡礼に明け暮れる事になりそうな今月、当分「レミゼ」には行けないなあと思ったので昨日会社帰りに帝劇に寄って例のブツを購入してきた私です。あ、赤パンフの新版も買いましたけどね。




ドドーンとクロリンTシャツとクロリンバラバラ(?)団扇お買い上げ~!!





1幕上演中に「売店だけ良いですか?」と頼んで入場させてもらったので、当然お客さんは私1人。猛烈に恥ずかしかったです…。踏み絵と言われる所以を体感しました。この場合踏むのはクロリンでも祐一郎さんでもなく「羞恥心」とか呼ばれし物ですが。

しかもクロリンTシャツの方は棚に並んでいなかったので「あ…あの…クロリ……い、いえ猫のTシャツが欲しいんですけど…」とわざわざ店員さんに申し出なければならないという激しく赤面な思いも味わいました。31日の時点でサイズはSSとLしか残っていませんでした。身長164センチの私でもSSサイズでOKだったので殆どの方がSSで問題無いと思います。さすがに重ね着をするゆとりは無いですが。あ、もともとする気無いですか?そりゃそうですよねーアハハー(寒)。

しかしこのTシャツ…家で着るのすら身内の目が恥ずかしいです。愛が足りないと嘆くべきなのか、一般人の価値観が欠片だけ残っている事に安堵するべきなのか。うーむ。





団扇については昨年発売のスタンダードverよりもカワイイ。

…と思うのは私だけかもですが。でもすくなくとも品質は向上してると思います。丈夫そうだし。…ってそもそも使わな(略)。

ちなみに袋の裏側には親切にも社長さんから使い方と注意事項が通達されております。

遊び方→グリップ部分のネジを外して、1本ずつでも楽しむ事が出来ます。

何をどういう風に楽しめばいいのか全然わからないのですがっ!?

とりあえず言われた通りネジを外してバラしてみて、それからまた元に戻してみました。(結局やるらしい(笑))ウン楽しくなった………かもしれない。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。