スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/5「ダンス・オブ・ヴァンパイア」マチネ~本編レポ~

今回初の2階席。確かに役者さんが客席降りちゃうと全然見えないんですが、見えなくても何やってるかはもうわかってるので(笑)問題なかったし、今まで気がつかなかった事も見えたりして楽しめました。

吉野ヘルの牙はシャツのフリルの中に隠してるんだ~とか。

サラの血糊テープはアンサンブルのヴァンパイアが首筋を撫でる振りして張ってくのか~とか。

が、初見や1回だけの観劇だったら後悔必至だろうなあ。せめて1階席と値段差ついていれば納得もするんでしょうけど。



2階席で1番楽しみにしていたのはダンスフォーメーション。回転やリフトが立体的に見えるのが迫力あって良かったです。新上さんの3回転×3とか鳥肌ものでした!でも群舞は……やっぱりあんまり揃ってない気が……というかそもそも「揃える事を重視した」振り付けじゃないのかも。個人的に群舞は回転のタイミングとか上げた腕の角度とかがピシっと揃わないとつい違和感持ってしまうタイプなのですが…。

衣装が違うせいもあるのかなー。腕を出している人と出していない人がいると、それだけで見た目の印象がかなり違ってきますし。特に衣装が黒一色だから視覚的に揃ってる様には見えないし。あと長ーいつけ爪しているので、指のちょっとした曲げ方でシルエットが違って見えるのも難しいところです。



演出変更があった(らしい)カテコ。「2Fカーテンコール盛り上げ隊」の皆さんは下手前方扉から入ってきて、2階A席とB席の間の通路を行ったり来たりして煽ってました。

でも煽られるまでも無く、伯爵の両手ピストルの合図で2階も一斉に総立ち!普段は後ろの人を気にしてスタンディングに遅れを取る私でも、祐一郎さんに「立て!」といわれれば脇目も振らずに立ち上がりますよ!!口パクで(笑)一緒に歌いましたよ~!!

いや~波紋が広がるようにお客さんが次々に立ち上がってく様に異様に感動しちゃいまして。よくぞ短期間でここまで進化した!すごいぞ!!…となんだか自分も参加している気分に。初演作品の醍醐味にすっかりハマってしまった~。



以下覚書列挙です。



・伯爵&教授のお年嵩コンビ(シツレイな!)はちょっとお疲れ気味…?何しろこの暑さの中、10日以上お休みナシですからねえ…。明日は2週間ぶりの休演日!ゆっくり休んでくださいませ。




・とはいえ伯爵の場合は1箇所声が裏返った、というただそれだけなんですが。

でもでも祐一郎さんの場合はそれすら珍事なので不調?と思ってしまうわけですよ。祐一郎ファンは祐一郎さんの声の調子の良し悪しに厳しい気がする(苦笑)。

・あとロングトーンの声割れも気になりました。これは音響のせいもかなあ。

・1幕ラストの見得切り。もう思いっきり寄り目でした。「見開いたら寄っちゃった」レベルではないです。もうあれは確信犯としか…。感動の拍手を送ってるコチラとしてはどう反応したら良いのか困りますってば伯爵~~!!



・教授の方はセリフ飛んだり早かったりで。

・冒頭の宿屋で「あの小さくて丸いものを!」が抜けてしまった為、その後のアルフの「小さくない!デカイ!丸い!」が意味通じなくなってしまい(笑)。

・シャガールの心臓に杭を打とうとするシーン。「♪今~グサっと一突きしよう~」が「♪今~グチャっと~」に聞こえたんですが。なんかスプラッタでイヤだよ~(笑)。

・棺桶のシーンでアルフにお説教するところが異様なテンション。「早く私を●#△/■%~!」…何言ってるかわからず。キレ過ぎです教授!でもこのシーンはこれも演出の範疇におさまると思いますが。



・かたや若くてぴっちぴちのちひろサラの方は…上半身のボリュームが増しているような…イエ決して太ったとかでは(汗)。2階から見下ろす角度だったからか、ラストの赤いドレスなんてもう胸がこぼれんばかりでどうしようかと思いましたよ!

・伯爵のおさわり(…セクハラか!)が対ちひろサラだと控えめな感じなのは、ちひろちゃんの胸があまりに…なので逆に遠慮してしまうんでしょうか。とか勝手に想像してみる(笑)。

・2階からだとお風呂の中も丸見えで。というかオペラグラスでしっかり覗いたんですけどね…。いやいやちひろちゃんの胸はスゴイですよ。ヌーブラにベージュのパンツ1枚って、吉野ヘルもそうですが天晴れな役者魂だよなあと。というか伯爵やアルフからは思いっきり見えてますよね。祐一郎さん、40代最後にオイシイ思い出になったね~とかまたもや勝手に想像してみる(笑)。



・同じく若手の泉見アルフ。1ヶ月ぶりですがまあ相変わらずの顔芸とリアクションが面白くて!

・ニンニクスープのニオイに「オエッ」ってなるところなんていいんですか!?って感じの顔です。

・宿屋飛び跳ねシーン(?)では教授がアルフの上に思いっきり落ちてきてまして。腰をさすってあげる仕草もオーバーリアクション気味。何度も宙に手をかざして気を集めてから教授の腰に当ててました。元気玉ですかそれは?帝劇2000人のお客さんの元気を分けてもらってるのですか!?

・井上くんと良い勝負なのでは?ってぐらい泉見アルフも汗っかきですねえ。お風呂場でサラに「♪ステキな人~」と言われて照れまくって髪をなでつけたら、汗だくなものだからピッチリ7:3分けになっちゃってました(笑)。



・本日の吉野ヘルベルト。

・客席に背中を向けてバスタブに腰掛けるその後姿は片肌脱いで肩もあらわな様子。カーテンが開いた事に気がついて「キャッ!!」って悲鳴を上げて慌てて身づくろい。

・い、色っぺーっ!!!そんじょそこらの女じゃ足元にも及ばない色っぽさ!!…でも尻は隠さず肩は慌てて隠すのはなにゆえ?(笑)。

・今までいかに吉野ヘルの美尻と美脚しか見ていなかったか(…)を思い知らされる初2階席。あのあばら骨メイクはいつからーっ!?

・アルフとのダンス(?)のセリフが初バージョンでした。

「いいわ!いいわ!いいわ!ウェルカ~~~~ムっ!!」…吉野さん大好き!



・今日初めて「抑えがたい…」で泣きそうになりました。

歌いだしの箇所で伯爵の後ろからスポットが当たっていて、伯爵の長い影が床に延びているのが2階席からだと初めて気がついて。その自身の影を見つめながら「見えるものは 独り 私の孤独の影だけ」と歌う姿がもう胸が締め付けられましたですよ~っ!ああ…。

・今までも囁きボイスや切なそうな表情の魅力はあったんですが、伯爵の孤独に共感して泣くというのはなかったんです。伯爵に限らず祐一郎さんの歌で泣いたことって殆ど無いかも。「エリザ」であまりの迫力に感涙した事はありますが。なんというか祐一郎さんって基本的に陽性タイプな気がするので、しんみりよりもウットリが勝っちゃうんです。ワタシだけだと思いますが(苦笑)。

でも今日はホントに感動!2階席も座ってみてよかったと思いました。



次回は明後日。ペース早っ!

休演日明けなので役者さんの声の艶々具合が楽しみだし、初の平日ソワレでクコちゃんのBGM付きお掃除が見られる~~!!





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。