スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7/16「CATS」マチネ

本日の猫屋敷。

萩原ギル隊長の投げキッス返しに悩殺ー!!

花代グリドルの時だけ、しかも必ずしも毎回見られるとは限らないという投げキッス返し…クールビューティーさに色気まで加わってもう堪りませんっ!もうこれだけで大満足~vなのですがそれじゃあんまりなので(笑)以下徒然と。



先週半ばから追加になったお久し振りの涼太スキンブル。常に口元から覗いている白い歯が眩しすぎる!額のV字の白よりも涼太さんの歯の方が眩しいよ!!個人的には涼太さんはラウルみたいな真剣モードの二枚目より、こういう笑顔全開の愛されキャラの方が魅力的だと思うんですよねえ。カテコでタントミールと頭を寄せ合って笑い転げてたり、胸元の白いフサフサの毛を自分で掻いてみたりするのも可愛かったです。



松島ミストがキャス変してしまって個人的にはちと残念だったのですが、杜ミストのダンスがすごく柔らかくなってて驚きました。以前観た時は勢いでブンブン回ってるという印象だったのですが、猫らしい柔軟さが感じられて良かったです。見た目もカワイイですよねえ。「小さな可愛い黒猫さ」という形容詞がピッタリ当てはまるまさにミスト!な容姿。前にどこかで(敬二さんのインタビューだったかなあ)ミストにはマジシャン猫として「皆から一目置かれるタイプ」と「マスコット的に可愛がられるタイプ」に分かれるというのを読んだ記憶があるのですが、杜ミスとは完全に後者ですね。松島ミストの場合は可愛がられるを通り越して三の線に入ってる気がしますが(笑)。

後は歌がなあ…。ダンスと容姿が良いだけに歌いだすと正直…身構えてしまいます(汗)。

外国籍キャストの日本語を聞いていると「言語っていうのは反復努力が第一とはいえ、才能に左右される所も大きいのだな」と思ったりしてしまいます。南バブなんかは数ヶ月でイントネーションに何の違和感もなくなりましたけど、1年以上経ってもなかなかそのレベルに達しない人もいて。母国語以外の言語を習得する事の難しさをしみじみ感じます。



本日3度目の正直の連れ去りエリアだったのですがまたフラれました(苦笑)。

くそー今日は友人連れだったので確率高いかなあと思ったのにいー!5列目にいた小学生の女の子を何故かスルーして6列目から連れ去り。6列目って初めて観たよーと思っていたら、その連れ去られた女性は嫌がる…まではいかないものの完全に硬直してしまっていて、阿久津タガーもどうしたらいいのかわからなかったのか後ろから羽交い絞めのようにハグしてました。えーと…ソレ拍手し辛いなあ(汗)。

阿久津タガーは歌も巧いし独自のキャラ(いよう!だもんなあ(笑))も持っているんですが、素の阿久津さんの性格なのであろう周囲への気遣いとか遠慮が垣間見えてしまって、一瞬観ている側が現実に引き戻される時がある気がします。見た目とかダンス力は別として性格的にはマンカスの方が合ってるんじゃないのかなあというのが私見です。



2幕冒頭の「幸せの姿」では阿久津タガー、体育座りで滑り台を降りてきたのでちょっと噴きました。体育座りのタガーって何かもの凄い似合わないんですけど(笑)。しかも滑り降りながら他の雄猫とカップルになっていたジェミマの尻尾を掴んで自分の方に注意を向けさせようとしたっぽいのですが、華麗にスルーされていました。タガーが雌猫にフラれるなんて!!タガーのアイデンティティに関わるじゃないですかっ!見てはいけないモノを見てしまったなー(笑)。



今日は2幕「メモリー」の後で拍手が起きませんでした。うわー凄い久し振り!個人的には拍手無し派なので嬉しかったです。……がそれでも感動には至らなかったです…。苦手意識が先行しているのも否めないのですが、やっぱり重水グリザが個人的にどうしてもダメみたいです(汗)。歌声に意識を集中させて、そこからグリザベラの心情を感じようと努力しているつもりなんですけど、どうしても1本調子に聞こえて途中で飽きてしまうんです。酷い言い方ですけど「お願い私に触って!私を抱いて!!」という歌詞に至るまでの心情に充分な説得力を感じられない(私には)ので、シラバブがグリザに触れたあの瞬間の重みが胸に響かないんですよねえ…うーん。



なんだか湿っぽい終わりになっていますが、今週末は猫チケ発売ですねえ。最近土日公演でも2階席の空席が目立つので、次々回発売分辺り(4周年辺り?)で千秋楽かもと思ったり。というか実際問題仮設劇場の法律的な使用期限ってどれ位なんでしたっけ?

どこもかしこも慢性的な人手不足なのでWキャストならマシな方、実質「倒れたら代わりいません!」なシングルキャストが多いので、最近突発したいと思う様なサプライズが無くてちょっと物足りない気がするこの頃。ここの所ずっと5列目かJGLばかりを取っているので、自ら視点を変えて次回はC席狙いで行きたいと思います。単なる財政難ともいいますが(汗)。









管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。