スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白山神社あじさい祭り



昨日会社帰りに紫陽花の名所、白山神社に行って来ました。

まだ日が高いうちにこんな所に来られるなんてどんな楽な仕事しとるんじゃいという感じですが、、6月からウチの会社では毎水曜日が残業禁止デーになったからなのです。以前から水曜日は「ノー残業推進」だったのですが、突如6月から「絶対禁止」とのお触れが出てPCを落とすまで後ろが上司で見張っているという徹底振りです。また厚生労働省から是正勧告でもくらったのでしょうか。

最初は仕事をほっぽりだして帰る事に抵抗があったのですが、自分だけでなく全社員が仕事放棄な訳で、赤信号みんなで渡れば何とやらとでもいうのか慣れるとこれ程素晴しい習慣はないです。



前置き長くなりましたが、そういう訳で紫陽花鑑賞には相応しくない猛暑好天の中白山神社に行って来た訳です。都内では有名な紫陽花の名所で、この時期はあじさい祭りを開催中……のはずがこの前の日曜で終ってたんですねコレが(死)。神社の境内なら入場制限は無いだろうと思っていたのに、あじさいが沢山咲いている箇所は何やら柵で隔離されていて、祭り期間中以外には入れないようになってました。おおおなんつー初歩的な確認ミス…。

ということで思いっきり不発に終ったという落としどころのない結末ですが、自由に見られる範囲に咲いていた紫陽花の写真をば。






15分程でサクっと紫陽花観賞は終ってしまったのですが、この日は夏のボーナス支給日!しかも去年より増えてるよ~!!というわけで寿司を食べに行きました。…回ってるやつ(笑)。







実は私回転寿司に行った事がなかったのです。と書くとどんな贅沢してるんだと勘違いされる方もいるかもしれませんが、普通のお寿司屋さんも片手で足りる程しか行った事がありません。ましてやカウンターでネタを注文するなんて、ギャンブルでボロ儲けした人に奢ってもらった事がある程度。

要は寿司自体の経験値が低いわけですが、それでも初めてだというと周囲の人に大変驚かれました。が、そもそも回転寿司ってどういうシチュエーションで行くものなのでしょうか。

お子さんがいらっしゃる家庭ならわかります。でも私が幼少の頃はこんなにメジャーじゃなかったしなあ。同性同士でご飯を食べるにはちょっと忙しないし、デートやらの色気方面にはもっと向かないし。

とまあそんなわけで初めてだったのですが、味はまあ元から期待していないのでソレなりにアレでしたが(←日本語って便利(笑))、めちゃめちゃ安くてビックリしました。ビールのんでお腹一杯食べても1,500円足らず。むしろ1人暮らしの人に需要があるんじゃないだろうかと思ってしまいました。実際女性のお1人様もいましたし。



「ハンバーグ」やら「焼もろこし」やら「BLT」やら100%マズイと予想し易いメニューが意気揚々と(?)掲載されているのにも驚きましたが、何やら非常にシステマティックな制度になっている事にビックリしました。私の事前イメージでは、流れていないネタは直接店員さんに注文してその場で握ってもらうのだと思っていたのですが、ここではテーブルごとに備え付けられたモニター画面で入力して注文。しかも注文の品が近づくと音声で知らせてくれるんですねえ。つまり握ってくれる人とは全く顔を合わせないわけです。それが良いのか悪いのかはわかりませんが、確実にお店の人は仕事としてラクになるよなあと思いました。



というわけでトロ様が盆に乗って回ってくる合図。うーんちょっと懐かしいぞMA…。







私は初だったのでよくわかりませんが、世の中の回転寿司はもうちょっと美味しいらしい(友人談)ので、また機会があったら行ってみようかなあと思いますが、そんな機会…あるかなあ…。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。