スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いずれが菖蒲(アヤメ)か杜若





都内では有名な花菖蒲の名所である明治神宮御苑に行って来ました。もの凄い陽射しにめげそうになりましたが今が一番の見頃!とHPに出ていたのでこれを逃したくないなあと思いまして。

ところでこのHP、ほぼ毎日更新されていてその度に「開花数××輪!!」と数値が変わっているのですが、花の数をわざわざ数えているのですか?どうやって!?……多分紅白歌合戦の日本野●の会の如く人力で数えているんだろうなあ…。でも満開が何輪なのかわからないので、何%で表示した方が親切なんじゃないかなーと思ったり思わなかったり(汗)。



一応東京生まれ東京育ちの私ですが、明治神宮自体訪れたのは初めてです。毎年お正月には何万人の人出!!とニュースになっていますが、スピリチュアルな対象に興味を示さない私は初詣すらも「寒いのでメンドーだ」と億劫がる人なもので。

で、初めての明治神宮ですが、いやあ大きくて立派ですね~。敷地も広くて都内に居るとは信じられないほどの木々の多さ。木陰も多いので思った程汗もかかずに散策できました。




花菖蒲は明治神宮の敷地内の「御苑」の中にあって、500円の入場料がかかります。ぶっちゃけ菖蒲が咲いてなかったら熊が出てもおかしくないんじゃなかろーか?と思える程思いっきり雑木林な小道を進んでいった先に菖蒲田があります。







明治天皇が皇后の為に命じて植えさせたというこの菖蒲田。規模は決して大きくありませんが、山手線の駅から徒歩10分程度で見れるものとしては充分なのではないでしょうか。菖蒲の根元に種類が書かれた木札が1つ1つ書かれていたりして面白いなあと思いましたが、やっぱりめちゃくちゃ暑いのでゆっくり過ごすことは出来ず…。







途中の東屋に「花菖蒲の見分け方」という看板がありました。

それによると、



杜若…弁元に細長く白い筋。水辺に育生。

アヤメ…弁元淡黄色、周り白色、紫色の筋。乾いた所に育生。

花菖蒲…弁元黄色。湿地に育生。




とありました。百聞は一見に如かずなので詳細はコチラから。

それにしても今年は本当に沢山花を観賞したなと思います。歳のせいもあるな、きっと……だって今日も周りはご老人か外人さんばっかりだったし。

こうなったらあとは紫陽花だなあ。鎌倉に行く時間は無いので平日会社帰りに白山神社にでも行ってみようかと。ビリー様いかがですか~水曜なら早く帰れるし!(私信)。



帰りに渋谷東急フードショーの週代わりスイーツ出店コーナーで「Lui上海」というお店のアジアンスイーツを購入。







上から時計回りにフルーツ乗せ杏仁豆腐・白ごまプリン・2種のマンゴープリン。1つ400円~500円です。さりげなく金箔や銀箔が使われていたりと、見た目にも美味しい1品でした。他にも4~5種類のプリン系デザートがありました。

「3つしか買ってないのに何で袋がこんなに重いのか…」と思ったら器が全部陶器製。中国茶を飲んだりするのに使えなくもないのですが、店名が書いてあったりするのでちと微妙、捨てるのも手間だし…と思っていたら、常設されている京王百貨店新宿店の店舗で使われている器は普通にオシャレではないですか。何故あの人とアタシ、違うの~♪





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。