スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハリー・ポッターと炎のゴブレット

遅まきながら「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観て来ました。



私は原作を読んでいる派なので、「あ~あそこのシーンはカットなのね」「映像化するとこうなるのか~」という位の感想しかもてないんですけど、読んでない人は話の筋とかわかるのかなぁ?

詳しい説明とか一切無いから前作との繋がりとかわからない様な気が…何しろ上下2巻を3時間弱に纏めてる訳で、相当はしょられてます(笑)



※以下ネタバレ注意


映像化で楽しめたのは何といってもロンのドレスローブ!!

原作の「襟や袖にレースが…」っていう描写だけだとよくわからなかったけど、あんなローブなのか!しかもハリーの「君の方が伝統的だ」っていう慰めにも爆笑!



逆に映像化でだったのは…言って良いでしょうか?

チョウ・チャンが可愛くないよ~!!

「とてもかわいい」って言う設定なのにぃ。欧米の人から見たアジア系のかわいいってあんな感じなんでしょうか?納得できなーい!!



フラー、クラム、マッド・アイ・ムーディもイメージとちょっと違ってたかな。

フラーは全然魔性じゃないし、クラムも貧相どころかまさに「肉体派」だし、ムーディーは想像だとなんとなく痩せた人だと思ってた。だって小太りの闇祓いって…?



はしょられたシーンは数多くあるけれども、各課題の描写があまり詳しくなくて残念。特に第3の課題の迷路のシーンでは色々魔法が使われたり、尻尾爆発スクリュートとかの魔法生物が出てきたりして面白そうなんだけど。



それにハリーとセドリックが「一緒に優勝杯を取ろう」ってなるまでの心理描写が浅いんだよなぁ。原作で「僕が一緒に優勝杯を取ろうって言ったんだ!」ってセドリックの死に責任を感じるハリーに泣けたのでちと残念。



それにしてもハリー・ロン・ハーマイオニーの成長振りにビックリです。

ハリーの入浴シーンなんて、見てはイケナイものを見てしまった気がして直視できませんでしたねぇ(恥)

年齢的に厳しいので次回作はラドクリフくんは降板、というのがもっぱらのうわさだけど、彼は背が高くないからまだまだいけると私は思います。

というより彼以外のハリーは見たくないよ~。個人的に神木隆之介くんならアリなんだけど、イギリス人じゃないとダメなんだよね、確か。



とりあえず来年夏に翻訳版の第6作目が発売予定。もうamazonで予約済みなのだ。

楽しみだな~





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。