スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうだ京都行こう~桜紀行その五~

京都2日目。この日は来日エリザ観劇がメインだったので「桜紀行」のタイトルからズレているのですが、旅の記録として。



宿は素泊まりで朝食がついていなかったので、チェックアウト後イノダコーヒ本店へ。





入り口は町家風ですが、中は洋館を改装したレトロな雰囲気のあるお店でした。時間がゆっくりと流れている感じです。

8時過ぎに行ったのですが、禁煙席希望だったので10分ほど待ちました。

ここのお店、禁煙席と喫煙席の割合が1:3位で、禁煙席の方が圧倒的に少ないのです。コーヒーやパンなど「香り」を味合う飲食店で喫煙席の方が多いというのは如何なものかと個人的には思ったのですが、東京よりも地方の方が喫煙率が高いというのは実感としてわかるので仕方が無いのかもしれません。あとこの本店は京都の旦那衆が多く来るそうなので、その辺りも考慮しての事なのかなあと。





頼んだのは「ビーフカツサンド」1,680円と「アラビアの真珠」490円。

……朝からこんなガッツリなメニューを頼んでいるのは私だけでしたねえ(汗)。えーとですね、エリザ開演が12時という半端な時間だったもので、朝昼兼用で食べてしまおうと思ったまでの事なのですが…周りはみんなパン・サラダ・オムレツなどが乗ったセットメニューを頼んでました、ハイ。

普段コーヒーを殆ど飲まないので、豆の種類を知らない私。「アラビアの真珠」は単にメニューの一番上にあったので頼んでみましたが、オーダー時に「砂糖とミルクをお入れしてしまってよろしいですか?」と聞かれたので甘くして飲むのに相応しい豆なのでしょうか。ブラックコーヒーが飲めない私には有難かったです。



お店の雰囲気もサンドイッチの味も申し分なかったのですが、店員さんのサービスは正直ちょっと期待外れな感もありました。忙しいせいかバタバタしていて素っ気無くて、メニューを乱雑に置き去りにしたり、カトラリーを向かって左側に置かれたのがねえ…我ながら小姑っぽいのですが。

私自身はそういう細やかな気配りが大の苦手で接客業だけはやりたくない人なので、逆にそれを職業にしている人にはプロ意識を持って欲しいなあと望んでしまうのかもしれません。特に老舗店ですし。



旧館と新館の間にはお店で飼っているのであろう鳥かごが幾つか並んでいました。カメラを向けたら思いっきり目線をくれたので記念に掲載。鳥の真正面からのカメラ目線って何だかオカシイです。見ていると寄り目になりそうな(笑)。








エリザ終演後は、新妻さんのブログを見た時から心惹かれていたヨドバシ梅田の「SWEETS MUSEUM」へ。

店舗面積が小さいので混んでいる様に感じますが、どのお店も並んでいるのは4・5人程度。回転も早くて10分も待たずに入れました。色々なお店があって目移りしたのですが、見た目がパっと華やかだっ

た創作デザートカフェ「ラ クレアシオン ドゥ グーテ」へ。





でこれまた「せっかくなので」と見た目が一番派手なものを頼んでみる貧乏性なジブン。セットメニューには名前がついていて、確かこれは「輝(きらら)」とかいう名前だった様な…(ウロ)。

チーズケーキにチョコレートケーキ、シャーベットにミルフィーユという豪華さに、一輪挿しが添えてあるというニクイ演出。更に飲み物がセットになって1,260円という値段もビックリです。食い処大阪だからこんなにお得なのでしょうか。それとも東京がむやみやたらと高いのか…?

写真下部のミルフィーユの生地がすっごく美味しかったので、もし次に行く機会があればミルフィーユのセットを頼みたいと思います。



食い倒れ紀行(桜紀行のハズでは…)の最後は駅弁。

大阪に来たからにはたこ焼きが食べたい。でも時間が無い。というわけで「たこむす弁当」680円がこの日の夕ご飯でありました。





天むすの「天」の部分をそのままたこ焼きに置き換えたお弁当(笑)。ご飯とたこ焼きって…しかも「マヨネーズをかけてお召し上がり下さい」って正直どうよ?と思っていたのですが普通に美味しかったです。電子レンジで温める事が出来たらもっと美味しかったかも。

それにしても…振り返るとこの日は終日「野菜」というものをロクに摂取しない日でした。反省…。







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。