スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうだ京都行こう~桜紀行その壱~

既に携帯から幾つか写真をアップしましたが、先日4月13日に1泊2日で京都へ遊びに行きました。元はウィーン版エリザの遠征日程を決める際に、

「丁度その頃は四季関西本部では公演がないから代わりに花を見たい」

「ソメイヨシノが満開の時期は尋常でなく混んでいるので避けたい」

という2つの理由で、わざと遅咲きの桜が見頃な時期を狙い定めて決めた日程でした。

もうこれが見事的中!紅枝垂桜が丁度満開で素晴しかったです。

しかも天気予報ではこの日夕方から「雨ところにより雷」と言われていたのに、1粒たりとも雨に降られることなく過ごせました。私は結構晴れ女なのです。フフフ…(自画自賛)。



今回のスケジュールは以下の通りです。



■1日目

平安神宮



昼食@サンタ・マリア・ノヴェッラ ティサネリーア京都



仁和寺



原谷苑



夕食@松葉本店

デザート@八ツ橋茶屋



二条城



東急ハーヴェストクラブ京都 泊



■2日目

朝食@イノダコーヒ本店



ウィーン版「エリザベート」観劇@梅田芸術劇場



デザート@SWEETS MUSEUM内「ラ クレアシオン ドゥ グーテ」



ちなみに旅行の手配は新幹線と宿を別々に手配しました。

宿泊先の東急ハーヴェストクラブ京都は立地他条件がとても良いのですが、会員制の宿なのであまり参考にして頂けないかと…。ラッキーな事に、ウチ会社のと法人保養所契約があるので1泊4,000円で泊まる事が出来ました。



9時過ぎに京都に到着。

一端ホテルに荷物を預け、地下鉄東西線東山駅から歩いて「平安神宮」へ。

何年か前のJR東海のCMで使われていて、ずっと気になっていたのです。









朝早い時間だったのもあってか、人もまばらでゆっくり鑑賞できました。

普通の桜(ソメイヨシノ)よりも濃いピンク色をした紅枝垂桜は見応え充分!桜のカーテンに包まれているようでした。





平安神宮東神苑の池と桜。

この写真を見て「あっ何かいるよ?将軍!?

※注:将軍とは「華麗なるなんたら」に出てきた鯉の事

と言ってくれた某同期よ…そんなアナタが私は大好きですが、正解は鴨です(笑)。





一瞬「変わった桜だなあ」と思うコチラは、おみくじを結ぶ為の「結び木」です。

桜の時期限定かもしれませんが、ここのおみくじは「桜(はな)みくじ」という名前で、紙が桜色をしているので、まるで本当の桜の木の様に見えるのです。

おみくじの結果も普通の「大吉」「吉」といったものではなく「満開」「つぼみ」等と桜にちなんだ書き方をされています。おもわず買ってしまった私の結果は、桜2つ(満開だと桜8つ)の「つぼみふくらむ」。普通のおみくじなら「小吉」に相当するのでしょうか。小吉だと「なんだよう~コキチかよ~」って感じですが、「つぼみふくらむ」だとなにやら未来に希望が感じられる様な気がしてしまうのが不思議です。

おみくじには口と虎とは身を破る(言葉遣いに注意を払いなさい、という意味の諺)と書かれていました。まさにここ数日の自分の言動を反省している最中だったので、身に染みました…戒めの為に結ばずに持って帰る事にしました。







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。