スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/27「レ・ミゼラブル」マチネ(東京公演千秋楽)





珍しく「レミゼ」公式ブログの更新が遅かったですねえ。

ま、そのお陰でこの感想記事の時差っぷりも紛れ……ないですね、ハイ。



というわけで某社長さんの事務所に取って頂いたチケットを握り締めて帝劇に行って参りました。千秋楽公演とはいえ、カテコ以外では楽モードのバズーカやロングトーンやお遊び等々は全く無く、いつも通り淡々と……というのは語弊がありますね(汗)、丁寧に仕上がっていた印象でした。むしろ「宿屋」での祐バル着席断固拒否やお札頭乗せまでもがなくなってたのは、楽モードというよりもケアード氏ご臨席モードだったのかも。

その代わりにリトコゼちゃんが「♪お城も見られるのね」と小首を可愛らしく傾げたのに呼応して「♪そ~うさ」と歌いながら同じく首をかしげるキュートな祐一郎バルジャン(齢:50)では場内から感嘆にも近い笑いが起きていました。相変わらずあのオッサンの可愛さはズルイ!反則だ!!国宝級だ!!(意味不明)



シルビアさんの病気降板で本日の代役は山崎ファンテ。思いがけずファンテだけ今期公演で唯一コンプと相成りました。いやーーーーー……随分と気の強いファンテですね…(汗)。圧巻だった(いいのか…?)バタマボアとの揉め事のシーン。足で帽子蹴っ飛ばしてました。つ、強ええ!!

市長様に「♪追い払わせたのは~そうあなたよ!あなたよ~」と詰め寄るシーンは何やら酷くヒステリックに怒鳴り立てている様に聞こえてしまったので、その後気絶するのも病気というより「興奮し過ぎてプッツンきちゃいました」的感じに見えてしまいました。

歌唱力は予想より良いなあと思いましたし、何より山崎さんは私の母校(高校)の先輩に当たるもので応援したいと思う気持ちもあるのですが…再演の暁には一番避けたいファンテになってしまったかも…ギャー!



今期レミゼが開幕してから随所で「メタボが…」「学生が…」という感想を目にしていたのですが、もしかしてこの楽公演でメタボ組揃ってました…?今まで「えーどの辺がメタボなの?そんな太ってる人見当たらないよ?舞台俳優なんだしさーしかも学生役で明らかにお腹周りが気になる役者さんなんているわけないじゃん、アハハ~。皆さん見る目が厳しいなあ。」(←長っ)と思っていたのですが、どうやら私今までメタボ揃い踏みの回に当たっていなかったのかもしれません(苦笑)。

集中力に欠ける私は「♪窓に映る影~床にも姿が~」辺りで何やら微笑ましくなってしまい場違いな笑いを漏らしそうになってしまいました。コロコロしていてカワイイんですもん…。

何も舞台役者=容姿端麗眉目秀麗で無ければならない訳ではないでしょうけれど、「レミゼ」の世界観的には目立つ程メタボ風なのはどうなんでしょうねえ。ホラ…「♪殺せ肥えた豚ども~!」って歌詞もあるしね…(汗)。



この日のガブローシュ新井くんは今期一番回数多く当たったガブなのですが…喉の調子でも悪かったのでしょうか?ガブとは思えないハスキーな囁きボイスだったので正直ちょっと物足りなくて。

あと「必ずしも届かなくていい」と言われている(らしい)カバン投げですが、新井ガブはいつも明後日の方向に投げちゃうんですよね…。せめて「惜しかった!」と思える所まで放り投げて欲しいなあと個人的には思います。その方がより切なさ・やるせなさが増すと思うので。



音響のせい(回A1席・上手端より観劇)かも知れませんが今ジャベも抑え気味に歌っていた気がしました。あ、でも抑え気味と言ってもそこは今さんなので全っ然遜色も問題も無かったのですが、高音箇所のロングトーンを「引っくり返らない様に慎重に」歌っているなあと感じたので。






この回で個人的ベストは泉見マリウスでした。

あーやっぱり泉見さんのメリハリのある演技、好きだなあ!それに前回は某マリウスだったし…その反動はスゴイものがありました…。

コゼットに恋をした時の熱に浮かされた様な表情、仲間と恋の間で逡巡する表情、市民の為に立ち上がる事を決意した毅然とした表情…どれを取ってもマリウスの心情が手に取るように伝わってきました。



「恵みの雨」のシーンはもう大号泣。エポが息を引き取って、マリウスが「…育てる……」と歌う迄の間。あそこで泉見マリウスがマイクに拾われない口の形だけで「エポニーヌ?」と呟いて揺り起こそうとしているのを見てオペラグラスの狭間から涙流れまくりでした。その後エポニーヌの衣服の乱れを直してあげる所も良かったし、拳を震わせ自身を責める姿も胸を衝かれました。

でも1番良かったのは最後の最後、「ピープルズソング」のシーン。「♪若者達の歌が聞こえるか~」のフレーズが流れてきた瞬間、泉見マリウスがパッと顔を上げて天を仰いだんです。ああ…今マリウスには彼の者達の歌声が確かに聞こえたに違いない…自分達を包み込む大いなる愛を実感したに違いない…と思うとまたもや大号泣ですよ。

その後コゼットをしっかりと抱きしめるのも良かったなあ。このマリウスならバルジャンも憂いなく神の御許に行けるだろうと思いました。ホント某マリウスの時は「そんな頼りないヤツに俺のコゼットは任せられーん!」とバルジャンがトート化して黄泉の国から復活しちゃうんじゃないかと思いましたが…。



祐一郎バルジャンの臨終のシーンも良かった!

少し演技変わったのかなあ?(何せ今期「レミゼ」は細切れ観劇なもので…)

ファンテに手を取られて椅子から立ち上がる→足元のコゼットを見る→自分の手をじっと見る(実体があるかどうか確認中(笑)?)→天を見上げて「あなたの御国へ」と祈る…という流れがわかりやすかったです。ただ自分が死んだ事を悟った時のリアクションが「アレ?あそこでグッタリなってるのって俺!?えってことは俺もしかして死んじゃったのー!?」みたいなちょっとマンガっぽい感じにも見えてですね(祐一郎さん…スマン)

祐一郎さんの演技が心配だと抜かしつつ、いざ祐一郎さんがそれらしき事をすると何故か笑ってしまう…これもファンの複雑な愛という事で宜しいでしょうか…?



あ、でもその後「ピープルズ・ソング」に至るまでの間の祐一郎バルジャンの表情は本当に秀逸でしたよ~!私の記憶ではあのシーンは割と神妙な顔をしていることが多かったように思うのですが、この回では本当に穏やかで優しい微笑を湛えていて、心が洗われる様な思いでした。



というわけで20周年記念東京公演も終ってしまいました。

正直な所、キャスト変更で苦手な方が増えてしまったのもあって個人的には前回・前々回程は盛り上がれなかったのは事実です。また得チケやイベント開催など興行的にも少し翳りがあったのかもと思います。

とはいえこの猛暑の最中、顔と手しか出ていない衣装を着こんで舞台を務められたカンパニーの皆様に

は心からありがとう!お疲れ様でした!!と叫んで終わりにしたいと思います。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。