スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよ東京リターンなわけですが

既に観劇から1週間以上経っているのにまだ「ひばり」のレポを上げられません…記憶が熟成しすぎて最早腐りかけております。私にとって文章を書く事は結構気力がいる事なのですが、最近ちょっとテンションが下がり気味なのです。とはいえ感想は書き残しておきたい作品であったので今週中には何とか自分の中でケリをつけたいものです。



今日(昨日)は梅芸「MA」の千秋楽でしたねえ。もの凄い荒天でしたが交通機関等は大丈夫だったのでしょうか。年度末の平日という、社会人には優しくない楽日設定ですが、井上フェルセン・高嶋オルレアンにとってはこれが大楽。遠征のお客さんも多いでしょうし、盛り上がった…事を願っています。

暫く見ない内に公式ブログも更新されて、一部プリンシパルのインタビューが掲載されているんですが………涼風さんの背後に映る楽屋口の表札、アレ「山口祐一郎」って書いてますよねっ!?アップで撮るな!引きで撮れ引きでっ!!せめて楽屋暖簾だけでも映してくれええええっ!!…と我ながらドコ見てんだと叱りたくなる程テンション上がりました。

しっかし帝劇・博多座・梅芸と終わって、トロたんの楽屋だけがとうとう封印されたままなのですが、そんなに見せちゃマズイものが盛り沢山なのでしょうか?祐一郎さんの楽屋って…。見たらドン引き位の…?さ、さすがの私もちょっとドキドキしますが、祐一郎ファンは色々な意味で既に免疫ついてるんで大丈夫ですんで、待ってますからヨロシクお願いしますよーっ!

ところで私の東京リターン公演初観劇日は某カード会社貸切公演なのですが、まだチケットが売れ残っているようです…(汗)。この道にハマってもう5年が経過(驚)しましたが、メジャーな劇場の土日観劇メインの私には「空席が目立つ劇場」という経験がありません。好きな役者さんが出演している舞台で、空席を目の当たりにしたら…心が痛むだろうなあ…ちょっと心配です…。



で、最後にちょっと呟き。

公式ブログ、「明日はついに大阪千穐楽」というタイトルなのに、どうして掲載日付が「3月2日」なんですかね…。そういう細かい所からも製作サイドに真摯な姿勢を感じられない私なのですが…役者さんは頑張ってるのになんだかなあ…。広報担当の人が書いているにしては日本語の選び方がちとヘンなのも気になります。「まぎれもなく生き抜いた」って…うーん…まぎれもなくって「間違いない」とか「明白な」って意味の筈なので「生き抜く」という動詞には微妙~~~に合わない気がします…。








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。