スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「オペラ座の怪人」を振り返って

とうとう明日(今日)が「オペラ座の怪人」東京公演観納めとなります。

一応20日の前予に参戦するつもりですが…まあ99.9%無理でしょうから…。

楽の実感を感じているか?と問われると即答は出来ないのですが、異様に気が昂ぶって緊張しております。アンタが緊張してどうするという感じですが、「悔いを残さず観る!!」という気負いによるものの様です。



というわけで今日は過去の「オペラ座の怪人」キャスト表をひっくり返して、1人思い出に浸っておりました。「オペラ座」自体の初見は2002年9月の京都公演なのでもう4年以上前になるのですが、東京公演では2005年1月29日の高井ファントム×佐渡クリス×石丸ラウルの回。その後2年2ヶ月の公演期間中で17回(明日も含めて)の観劇となりました。「TdV」を2ヶ月で11回観てしまった(ホントあの夏は病気でしたな…)事に較べると自分では意外と少なくてビックリしました。



キャストの内訳では

ファントム

 →高井さん:8回、佐野さん:6回、村さん:3回

クリス

 →西さん:5回、苫田さん:4回、沼尾さん:4回、佐渡さん:3回、高木さん:1回

ラウル

 →涼太さん:8回、北澤さん:5回、石丸さん:3回、内海さん:1回

でした。



ファントムとクリスは比較的バランス良く観られたと思いますが……兄ラウルが観られなかった事が改めて痛恨です。柳瀬さーん!!佐野さーん!!うう…(涙)。佐野ラウルはもうよほどの緊急事態(ラウル役者が全員ノロで倒れるとか)でなければもう登板はないでしょう。過去にラウル→ファントムに昇格した役者さんで、ファントム出演後ラウルもやったよという前歴はあるのでしょうか。

そして佐野ファントムのデビューに伴い、年齢的なバランスの釣り合いで柳瀬ラウルももうお目にかかることが厳しそうな気がします。もうそれなら柳瀬さんもファントム稽古ですよね?ね!?柳瀬ファントムが実現したら即日東海道新幹線に飛び込む気構えの私です。



東京公演の思い出は沢山有ります。ただ「どの回がベストだったか」となると凄く難しいです。特に楽シーズンに入ってからはファントム役者御三方全員の気合の入り方が尋常ではなく、村さんを観れば「声質は村さんが一番好み♪」と思い、高井さんを観れば「やっぱり高井さんのファントムが一番しっくりくる」と思い、佐野さんを観れば「一番心を揺さぶられて感動するのは佐野さんだ」と思い…要は浮気者なわけです。ハイ。



しかしながら1番印象的だったのは?となるとやはり去年8/11の佐野ファントム初見の日です。佐野ファントムを観てから、私の「オペラ座の怪人」の観劇視点は変わりました。

それまでは流麗な音楽と美しい歌声を堪能し、好きな役者さんの登板を楽しむだけだったのが、佐野ファントムを観てから「オペラ座の怪人」に登場するキャラクターの「想い」を味わい、感じ取りたいと思う様になったのです。そして他の作品を観る時にもそういった意識を持って臨む様になりました。拙い文章力・表現力で感じた事の半分も残せていませんが、私にとって大きな影響をもたらしてくれた佐野ファントムで観納めが出来る事に感謝したいと思います。



ネット上でお見かけする方で明日がMy楽という方も多いようです。

「オペラ座の怪人」を愛する皆様にとっても最高の観劇納めとなりますように!









管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。