スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イレール@恵比寿フレンチ

先日友人と恵比寿の「イレール」というお店でランチをしてきました。ガーデンプレイスの脇にあるビルの3階、「カフェマングローブ」と同じ建物にあります。

26席という小さなお店ですが白を基調にした明るい店内でした。シェフは「郁恵と井森のデリ×デリ・キッチン」にレギュラー出演されているそうです。番組の時間帯的な問題で私は見た事がないのですが…。



ランチはプレフィクスコースで品数に応じて3つのコースありましたが、今回は1番品数の少ないAコース2,940円を頼みました。前菜・スープ・メイン(肉or魚)・デザート・紅茶またはコーヒー。この他にパンもついてきますし、女性ならこのコースで充分な量だと思いました。



前菜:サクラ肉のカルパッチョ



スープ:タマネギのポタージュ



メイン:白金豚のコンフィ蜂蜜ヴィネガーソース



デザート:リンゴの…なんとか(汗)




前菜もメインも肉…写真で載せると改めて自分は肉食(性格も…)だなあと思いますね…。貧乏性なので家では食べられない様な肉があるとつい頼んでしまうのですよねえ。

友人は前菜でサラダを頼んでいたのですが、すごく沢山の種類の葉物野菜が使われていて「食べても食べても減らない」と言って残していた程、野菜がふんだんに使われている印象でした。私のメインにもたけのこやふきのとうのフリットが添えられていて春らしい気遣いが嬉しかったです。



このお店は先日のHanakoの「東京で最高のレストラン」という特集に出ていて知ったのですが、雑誌に「女性お一人でも入り易い」と紹介されていて、この日も1人で食事をしている方がいました。オジサンでしたが(笑)。お店にはカウンター席があるので、確かに1人でも周りから浮く事は無さそうでした。自分に乾杯!みたいな時にも使えるかもしれないですね。

ちなみに上記特集のHanakoは非常に売行きが良かったそうで、掲載されていた他のお店も気になるところばかりでした。今回のお店もレパートリーに入れようと思えるお店だったのですが、本当は第1候補で国立新美術館内にある「ブラッスリー ポール・ボキューズ」に行ってみたかったのです。…が、土日だと2時間待ち(死)という噂を聞いてキッパリ断念。何のアトラクションですかと…。半年位経って客足が落ち着いた頃を見計らってリベンジしたいと思っています。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。