スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6/10「レ・ミゼラブル」ソワレ(SPキャスト)~番外編~

祝!レ・ミゼラブル20周年~!

今日は20周年記念日特別カテコがあったんですよね?明日のワイドショーで流れるかなあ。



てなわけで昨日私も日本初演20周年公演を初観劇して参りました。まずは番外編から。

公式ブログに掲載の通り、ロビーには色々な飾りや展示品が並んでいてカメラを構える人が多数。私もバシバシ撮って来ました。



司教館のディスプレイは記念撮影が出来るとの事でさぞかし混んでるのだろうと思いきや、皆さん遠巻き~にしていて、係のお兄さんが「どうぞどうぞ~写真撮って頂いて構いませんから!!」と一生懸命呼び込みしてました(笑)。てかあの目鼻のないのっぺら面に怯えているのは私だけですかっ?その日のバルの似顔絵面とか張っちゃえばいいのにーと思った私です。

柱巻きクロロック伯爵とのツーショットは恥を掻き捨て敢行した私ですが、能面バルジャンとのツーショットもなかなかハードル高いので、友人と来た時にでも再チャレンジしようと思います。



ロビーに飾られている出演者の色紙はあいうえお順になっています。ですので「まぐちゆういちろう」の色紙は2階ロビー上手寄り柱に飾ってありますのでお見逃しなき様。





多謝観劇…よく読めば「観劇して下さって本当にありがとう!」の意味なのに、私の脳内では「沢山観に来てくれてありがとう!」に変換されてしまったのは己の所業の所以ですな。にしても最近祐一郎さんの中でニコちゃんマークがブーム中?今回もサインの「郎」の字の所がニコニコしちゃってます。



劇場についてお財布を開くと所持金が2,500円しかないという衝撃の事態だった為(一応念の為…いくら観劇貧乏でもそこまで貧しいわけではなく単にお金を入れてくるのを忘れただけですんで!)、とりあえず記念の青パンフ2,000円のみを購入。

中身は今回出演キャストがそれぞれデザインして作ったページで綴られています。「ベガーズ・オペラ」のパンフと似た作りです。

祐一郎さんあなたという人は…1人だけ文章のイミが全然わかりません。毎月の祐一郎便りの延長です。今更「きみって誰の事?」とか真面目に受け止めてはいけないのです。まあ祐一郎さんはいつもの事だしね、と流そうとしたら何やら今回は今さんまでちょっと詩文風。ろっくの呪いですか(爆)?



他にも青パンフには初演以降の舞台写真が掲載されていて、Wトート閣下共演のお写真もあって大満足。ジャベールもみ上げ(そこか?)のウッチーですよ~。個人的にはP.14のズタボロワイルド祐一郎バルジャンがお気に入りでありますv

お金が無かったので(哀)立ち読みしたら赤パンフも読み応えがありそうですねえ。これは両方買えと言う事か…。あと数量限定の20周年記念Tシャツも欲しい!次に行く時まで残ってるかなあ。普通のレミゼTシャツは3,000円。「20th Anniversary」の文字入りはオプション200円増しでした(笑)。ブランド品のロゴの様だ。20周年の文字に価値があるのです。

その他コゼットの挿絵がついたポーチやら扇子やらが売られている中に埋もれているカリオストロのラムネが大変切なかったです。



この日は今井バルジャンの初日だったのですが、特にご挨拶は無かったです。鹿賀さんと健闘を称えあうかの様に握手を交わしている姿に胸が熱くなりました。



とりあえず番外編はこんなところで。









管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。