スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


深大寺バラ紀行1

1週間前の事になりますが、調布にある神代植物公園に行って参りました。バラ園に行きたくて、当初は千葉にある京成バラ園谷津バラ園をはしごして廻ろううかと思っていたのですが、どうも見頃を過ぎてしまった様なので「わざわざ千葉まで行って(←東京都下在住なので千葉は遠い)イマイチだったらガッカリだしね」という事で行き先を変更した次第です。



色々調べているうちに公園のある深大寺という場所は「深大寺そば」で有名だとの事。そば=水のキレイな所の名物だと思っていたので、都内にそばで有名な所があるなんて初めて知りました。実際に行ってみると、道の両側にお蕎麦屋さんがずらーーっと並んでいてなかなか驚きの光景でした。

沢山あるお蕎麦屋さんの中から選んだのは「湧水」というお店。以前に深大寺そばを食べに来た事があるという友人のオススメだったのと、ネットでの評価が高かったので決めました。








並ぶのが嫌で11時半前に着くようにしたので並ばず入れましたが、12時頃になるとちょっと行列が出来ていました。とはいえ回転も速いし、他にもお蕎麦屋さんが沢山あってお客さんが分散されるので、30分も待つ事は無いかなあという印象。



そして好天に恵まれて歩くと暑い位だったので昼からビールで乾杯~。頭痛で薬飲んでるから酒は控え様と言っていた舌の根も乾かぬ内に…意志薄弱なジブン。ちなみに「そばが来るまでのつまみで」と板わさもつまみつつ飲んでました。オッサン道まっしぐら。

もの珍しさで地ビール「深大寺ビール」(写真2番目)を頼んだのですが、麦茶の様な色で味も何やら重たくて正直あまり好みではありませんでした。ちなみに私はビールならエ●ス派です。



深大寺そばでは野菜天ぷらが有名らしいので、主食は天ざるをオーダー。海老・ナス・かぼちゃ等定番の具材の天ぷら付き。衣が割と厚めなのですが、さくさくしていて美味しかったです。

お店のクーポンでそば羊羹がサービスで付いてきます。クーポン券には「一皿プレゼント」と書いてあったのでテーブルに対して1つかなあと思っていたのですが、1人1皿ついてきました。注文時に店員のお兄ちゃん(高校生位に見えた…バイトかお店の息子さんか?)にクーポンを見せると「ハイわかりましたー」と言って、ビールよりも先に羊羹を運んできたのには驚きましたが(苦笑)。オイ少年!デザートはフツウ食後に食べるものだぞーっ。

真ん中があずき、外側は外郎の様なものかな?程よい甘さで美味しかったです。





食後は深大寺周辺を散策。緑の多い閑静な住宅地の中で、このお寺の周辺だけがお店と人で賑わってました。バラ等を売るお花屋さんや食べ物系のお土産屋さんが多く、そば団子やそば蒸しパン(あいだに野沢菜とかが挟んであった。美味しそう~)等食べてみたいものが沢山あったのですが、さっき昼食を食べたばかりなのでさすがに断念。順番として昼食→植物公園→深大寺散策だったら良かったのかも。



深大寺に「花おみくじ」という珍しいおみくじが置いてあったので引いてみました。





結果……末吉…。しかしながら「女神の恋」以来、末吉という文字にすらちょこっと嬉しくなってしまう夢祐病末期患者の私です。しっかしさすがに末吉なだけあってイロイロと不幸な事が書き連ねられているのですが、注目すべきは恋愛運のところでしょうか。

「金に迷うと失敗します 身を守れ」

恋愛運の欄にはてんで似合わないこの訓戒……なんだこりゃ。貢いだ挙句捨てられるとかそーゆー事を言っているのでしょうかこれは。他人に貢げる程の財産なぞないのですが。





この「花おみくじ」には7種類の押し花が納められいて、幸福を招いてくれるそうです。小さくて可愛らしいので定期入れに入れて持ち歩く事にしました。ちなみにこの定期入れには一昨年台湾に行った時に貰った「良縁に恵まれる赤い糸のお守り」も入っていますが、その効果は(自爆)。





■湧水

東京都調布市深大寺元町5-9-1

0424-98-1323






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。