スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/27「マリー・アントワネット」ソワレ

5/3のトークショー以来の帝劇、行って参りました。





大楽前の最後の日曜日公演でしたが…2階席が空席だらけで衝撃的でした(汗)。S2・A2の両サイドブロックがぽっかり空いてましたねえ。お陰でトイレが空いてる事!全く並びませんでした。そういう意味では快適な環境と言えなくもない…かな?うん…。

しかし空席が多いとはいえ、残りのお客さんはリピーターの方が多いのでしょう。拍手も熱くて最後はスタオベもありました。カテコも通常より1回多くて、最後は2人のMA締め。



本編の方はどうやらキャストの皆さん、いよいよ楽モードに突入した模様。歌い方や台詞回しがかなりテンション高めで、ところどころフェイクっぽいアレンジも入ったりで気合入ってました。

そして我が愛しの錬金術師・祐一郎トロ様はお声もお姿も艶々のピッカピカにお美しくて、改めて見惚れてしまいましたです。「一 瞬 どゎああ!!!」「♪まぼろーーーーーーーしかッ!!!」のド迫力っぷりときたら、持っていたオペラグラスを取り落としそうになった程です。あなたこそ何処まで行っちゃうんですかと(笑)。



…っていうかマイクの位置、口元に近すぎやしませんか?あの祐一郎バズーカをそんな至近距離で拾ったら、そりゃ大音量にもなりますって。あのワイヤレスマイク、以前からあんなに前についてましたっけ?「MA」は細切れにしか観ていないので自信が持てませんが、マイク隠しのもみ上げが伸びてきているなあと今日初めて気がついたので。

初演→リターンで色々な演出変更があって観易くなった「MA」ですが、トロ様については「金が決めて」で2階の5番のボックス(違)に待機しているトロ様のお顔がよく見える様になった事が何より嬉しい~!もうホント彫像の様に溜息が出る程の美しさなんですけどっ!!最近もっぱらB席が指定席となってしまった私にはあの4分間ずっとオペラグラスを構え続けなくてはならぬ為、観劇後は二の腕が結構張ってます(←バカ)。

更にものスゴイ今更なのですが、ラストで全キャストが「♪自由~」と叫ぶ中、トロ様だけはマリーの亡骸を黙ってじっと見つめているのですねえ。いやホントあまりに今更過ぎてスミマセンな話ですが、悲しみでもなく同情でもなく…例えようも無い程憂いのある表情だったので胸を衝かれてしまいまして。やっぱり「立っているだけで雰囲気を作ってしまう」祐一郎さんのオーラが大好きですっ。



…とひとしきり吼えてみた所で。「MA」の舞台の出来はいつも高め安定なので、他のキャストさんについて特筆すべき事が思いつかないので本日の日替わりネタなぞを。



・綜馬オルレアンがピンクのベンチを蹴っ飛ばした後、何故か欽ちゃん歩き。

・その「私こそがふさわしい」のショーストップが余りに長かったので、留めに入ったボーマルシェが「いい加減にして下さいよ~」と懇願。

・ロアンの紹介は「ハイ出ました。妖怪ほおずきオヤジ!」。(どんな妖怪だ?)

・「7つの悪徳」の後のボーマルシェのボヤキがすっごく長かった(笑)。「毎日毎日喋らされてね…気がつけばもう半年・2百何十ステージもやってるんですよ。」で客席から拍手が。

「暑いですね。もう毎日暑くて…(お客さんに)涼しそうな格好で良いですねえ。私コレ去年の11月からずっと…モロ冬服なんでねえ…」。

で、そろそろ痺れを切らしたシオティに促されたらしく「そんな冷たくしないでよ、後3日しかフランス人やれないんだから」等々…。

・「なんというセレモニー」で禅さんルイが毛皮付きマントをトロりん並みに翻した為、貴族のご婦人の顔を直撃。アレは結構重量が有りそうなので目に当たったりすると痛いのでは…(汗)。

・「所詮はあばずれ」では内股スリスリの綜馬オル。私は初見でした。コレに較べたら、カーペットに寝っころがる姿なんて何の問題もないと思いますよ…?ってかあの社長の事務所でタブーも何も無いと思いマスが(笑)。



本編はだいたいこんな所です。

以下余談を。




遅ればせながらカリオストロのラムネクロリンハンドタオル購入して参りました。





非常に評判の宜しくないトロ様のラムネをまずは1粒。

…………何コレ碁石っ!!??

不味いかどうか味わう以前に、そもそもあまりに硬すぎて歯が立たないんですけど。歯が折れたら困るので、噛まずに口から出してしまった私をどうぞ許してトロ様…。というか残りも捨てていいですか…(酷)?まあ確かにこれさえ「あれば」あなたも幸せ、とありますが、これさえ「食べれば」とはどこにも書いてませんからね。パッケージは確かにカワイイので(と思うのも祐一郎ファンだけでしょうが)大事に取っておこうと思います。袋の裏側にもクロリンがいるんですねえ。





うん、やっぱりなかなかカワイイと思います。袋だけ100円で売ってくれたりしませんか?なんだか売れ残っているみたいだったので(汗)。



クロリンハンドタオルはクリーム色とピンクの2枚を買いました。クリーム色の方は最後の1枚をゲットしたみたいです。他は全色開演前・幕間共に揃っていました。

このタイプのハンドタオルは洗ってもほつれないから良いですよねえ。クロリンの部分を内側に折りたたんで(酷その2)普段使いしようかなと。で、仕事でイラっとした時はバックから取り出してそっと眺めて気持ちを落ち着かせると。ライナスの毛布状態。



クロリンの刺繍が非常に大雑把素朴なので、ふと裏返してみると。





おっとクロリンがシロリンに変わってるじゃないですか。そうかリバーシブル仕様なのね(違います)。そういえば一度だけお便りに出て来たシロリン…その後どうしたんだろう?



今日は席の周囲環境がちょっとアレだったので舞台の出来は良いのに多少フラストレーションが溜ってしまいました。だものでそれを払拭する為に12月の前楽以来久々に楽屋口に行って参りました。いやー出待ちも空いてますな(苦笑)。これぐらいの人数なら皆心穏やかにお見送りできますねえ。

祐一郎さんが出てくる前にも何人か役者さんが帰っていかれました。

ともよちゃんは子供服のモデルみたいなカラフルな洋服で素もめちゃくちゃカワイかった~!山路さんも初めて舞台以外で拝見しましたが、鼻血出そうなほど渋いっ!!帽子好きだという山路さん、さすがに洒落た帽子を被っていらして、なんだか映画のワンシーンを観ているようなセンスのある空気が周りに漂ってました。



で、祐一郎さんはカツラ癖(?)と思われる相変わらずの髪型でご登場でしたが、えんじっぽい長袖ボタンダウンシャツにグレーっぽいカーゴパンツで服装は一安心(笑)。人出も少なかったので「ありがとー」と言いながらかなり丁寧にハイタッチしてました。

私は後ろの方にいたのでハイタッチには加わらず、遠くからニヤニヤと(怪)その光景を眺めていたのですが、ふと祐一郎さんが私のいる方に向かって手を振ってくれたんですよーーっ!!!……ええ、わかってますとも。私の後ろに70歳位のおばあちゃんがいまして、その方へのサービスだったということは……。でも夢を見させて頂く事にします。ああ幸せだーこれでまた1週間仕事頑張れます。



次回はいよいよ大楽公演です。

カテコの挨拶は楽しみなのですが、もし………万一…………「好評によりこの度再演決定!!!」なんていう発表があったらどういう反応をすべきかちと悩んでおります。拍手……しないわけにはイカンしなあ…と要らぬ心配をしてみたりする私です。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。