スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベトナムフレンチ「カサブランカシルク」
丸ビル5階にあるベトナムフレンチの「カサブランカシルク」でランチ。

店名の通り大きな花瓶にカサブランカが活けられていて、甘い香りが漂っていました。
一応予約をしてから行ったのですが、場所柄(この日は平日)OLさんのランチ利用が多く、予約で来ている人は他に見当たりませんでした…。

【ランチコース(Bメニュー)】
◆前菜1:生春巻き
DSC01366.jpg


◆前菜2:海鮮のガトー仕立てヌクチャムゼリー寄せ ~自家製チーズ添え~
DSC_0368.jpg


◆メイン:鹿児島産黒豚バラ肉のグリエ ~シークワーサーソース~

DSC_0370.jpg


◆フォー:あさりのフォー
DSC_0371.jpg

◆デザート:盛り合わせ
DSC_0373.jpg

予約だとセットメニューしか頼めなかったのですが、周りのお客さんが皆1,000円のランチセットを頼んでいる中だと、妙に損した気分になるのは何故でしょう(苦笑)。
エスニック系の料理食べたくて選んだのですが、やっぱりマンゴツリーにすれば良かったかなと…。
(あちらもランチタイムの予約が出来なかったのですが)
こちらのお店は5階なので眺望は高層階にくらぶべくもありませんが、目の前に東京駅が見える窓側の席はなかなか良い眺めでした。


夏ネイルラスト
DSC_0380.jpg

夏色ネイルも今回がラスト。
ということで前回のマリンネイルに続き、夏モードでターコイズストーンとぎっしりラメ。
ハッキリした色合いですが意外と浮かずに馴染んでくれました。


2011年12月モルディブ旅行~フォーシーズンズリゾート・アット・ランダギラーヴァル③~
DSC00219.jpg

モルディブでどこのリゾートに宿泊するかを散々悩んだ上、決め手の大きなポイントになったのが「レストランが充実している」ということでした。

モルディブ滞在中は基本的に1箇所のリゾートにずっと滞在するので、レストランとの相性はすごく重要だと個人的には思っています。

ランダギラーヴァルには4つのレストランがあり、いずれもビュッフェスタイルではなくアラカルトで頼めます。
(朝食は2箇所でうち1箇所はビュッフェ形式)

1泊目のクダフラはレストランが1箇所だけでしたし、大抵のリゾートが多くても2箇所位。
4箇所もレストランがあるのは珍しいと思います。

滞在中は毎日違うレストランに行って、更にそれぞれのレストランが曜日によってイベントをやっていたりするのも楽しくて、飽きることなく食事を楽しむ事が出来ました。
つづきを表示


2011年12月モルディブ旅行~フォーシーズンズリゾート・アット・ランダギラーヴァル②~
DSC00504.jpg

モルディブは殆どの物資が輸入品の為、物価が高いと聞いていましたが、
なんとなくアジア圏なイメージがあってスパやマッサージはお手頃………どころか相当り高いです。
日本でいうところの高級ホテルのスパ価格。
旅行マジック効果がなければとても複数回受けるのは難しい値段です。
円高の恩恵を受けたのが救いでしたが。

そして不思議なことにリゾート内は(ほぼ満室のはずなのに)レストランやプール等で他のお客さんを数多く見るという事がないのですが、スパの予約だけは結構取りづらかったので、チェックイン当日に先の日にちまで予約を取る必要があります。
つづきを表示


2011年12月モルディブ旅行~フォーシーズンズリゾート・アット・ランダギラーヴァル①~
DSC00218.jpg

2泊目以降は水上飛行機で50分ほど離れた同じフォーシーズンズのランダギラーヴァルへ。
クダフラももちろん素敵でしたが、生活圏から離れている分(思い込みもあるかもですが(笑))、空や海の明るさ、砂浜の白さ、そして日常からの開放感をより感じられる気がしました。
つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。